「掃除機なし生活」が考えられない人へ。ほうきのすばらしさを力説するよ

The following two tabs change content below.
まさかの退職をきっかけに「自分の人生の舵は自分でにぎらなくてどうする」と気づき「かじとりズム」はじめました。稼ぐチカラをつけて、人生をコントロールしよう。

 

けん子
掃除機なしで生活するなんて考えられない!

生活必需品じゃん!

うちはカーペットもあるし掃除機なしなんてありえないわよーぅ!

 

 

 

こんにちは。掃除機なし生活が長すぎて何年経ったか忘れてしまったカトー(@hisayoskyです。

5年は経っていると思いますが定かではありません。

 

うちはいわゆるワンルームです。床はフローリングで薄手のじゅうたん(かっこよく言うと「ラグ」)が敷いてあります。

 

こんな部屋ですが、掃除するのに掃除機は使っていません。

ぼくが使っているのはこちら。

じゃーん

ほうきです。

 

掃除のやりかたは

一、部屋全体にはたきをかけ

一、床をほうきで掃き

一、最後に雑巾で水拭きをします。

 

いたってふつうのやり方ですが、これでばっちりきれいになります。

 

けん子
でもぉ、じゅうたんにほうきは無理なんじゃないの?

 

ぼくもはじめはそう思いましたが、やってみるとぜんぜん大丈夫。ほこりはちゃんととれます。

 

それどころか床をきれいにするという意味では掃除機を使ってもほうきを使っても結果に違いはありませんでした。

むしろほうきの方が掃除機よりもメリットが多いと感じています。

 

というわけで今日の記事では

  • ほうきのメリットとデメリット(掃除機と比較します)
  • 費用ゼロで掃除機を処分する方法

 

について書いていきます。

掃除機なし生活に興味がある方の疑問を解決しますよ。

 

 

ほうきのメリット

すぐ掃ける

ほうきは掃除に至るまでの行程が掃除機にくらべて圧倒的に少ないです。汚れが気になったら柄をもって掃くだけ。

掃除機だとこうはいきません。

 

①どこからか出してきて、

②コードを引き出し、

③コンセントにプラグを差し込み、

④現場に急行して

やっと掃除がはじめられます。

 

行程の多さは掃除を妨げます。「やろうかな」と思っても「まあいいか」となる理由を与えてしまうわけです。

コードレスの掃除機ならもうちょっと行程は減るでしょうが、それでもほうきのお手軽さにはかないません。

 

軽い

掃除機も軽量化が進んでいるとはいえ、ほうきほどの軽さは実現できていません。

こちらのダイソンの掃除機。かなり軽そうです。たったの1.58kg。掃除機としては驚異的に軽いです。

 

しかーし、わが家のほうきは

なんと0.2kg。正確には207gです。大きめのスマホと同じくらいの重さですから掃除機とは比較になりません。

掃除機が機械であるかぎり、ほうきほどの軽さは実現できないでしょう。

軽い=掃除がお手軽。掃除において軽さはまぎれもなく正義です。

 

音が静か

掃除をすれば音がする。これが掃除機の常識でしたが、ほうきにその常識は通用しません。

ほうきでもちょっとくらいは音が出ますが掃除機の轟音に比べたら無音同然です。

 

音ぐらいなんだ!と思われるかもしれませんが、これはものすごいメリットです。なぜなら、

 

 

時間を選ばずに掃除ができるんだよぉぉぉ!!!!

 

深夜でも思い立ったら躊躇なく掃除ができます。「お隣さん、うるさくないかな」なんて気遣うだけあほらしい。これが静かさのメリットです。

 

 

家の汚れ具合がわかる

ほうきだと掃くごとにゴミがだんだんたまっていくので家の汚れ具合がわかります。それはもう残酷なほどに。。。

わが家の場合「よく病気にならなかったな」というくらいの汚れっぷりに毎週驚愕しています。

この汚れっぷりを知っているからこそ「やっぱ掃除しよう」という気持ちになります。

 

そこいくと掃除機はほこりをぜんぶ自分の中にためこんでしまうので、都合の悪い現実をわれわれから隠してしまいます。優秀すぎてだめなパターンです。

また、この優秀さゆえに部屋がきれいになったのかわかりにくく「掃除機かけの形骸化」を引き起こしかねません。

 

けん子
掃除機なんてかけてもかけなくてもかわらなくない?

 

と勘違いされてしまうのです。

汚れが見えるからこそ掃除の意味が際立つ、ということです。

 

 

小回りが利く

掃除機の限界。それはヘッドの大きさです。当たり前ですが、ヘッドが入らないところは掃除ができません。

もちろんそんなことくらいメーカーは百も承知ですから、取り替え用のノズルなんかが用意されています。

しかし、ヘッドを取り替えるのは手間がかかります。第一、ノズルなんて使いたいときにはどっかいっちゃってるし。。。

 

ほうきならヘッドを取り替えたりしなくても狭いところにささっと入ります。

ほうきに限界がないとはいいませんが掃除機よりははるかにフリーダムです。

 

 

保管に場所をとらない

掃除機って存在感ありますよね。部屋の角っこや階段下の物置きスペースにどかっとある感じで。

 

ほうきは場所をとりません。いや、場所がいらないと言ってもいいかもしれない

ちなみにこれうちの部屋ですが、どこにほうきがあるかわかりますか?

正解はこちら!

じゃじゃん

 

カーテンレールにひっかけてあって、普段はカーテンの向こう側に隠れています。存在感はゼロですね。

 

最近は吊るしておけるハンディな掃除機もあるようですが存在感を消すには至っていないようです。

 

 

価格が安い

価格ドットコムで掃除機の売れ筋1、2、3位を見てみます。

 

1位のダイソンは5万円強。けっこういいお値段です。

これ見ちゃうと2位のマキタがずいぶんお安く見えますが、それでも1万3千円です。

 

じゃあほうきはいくらなのって話ですが、

アマゾンで調べてみますと江戸ほうきの老舗「白木屋傳兵衛商店」のほうきが4、5千円ってとこです。

 

ちなみにうちにあるほうきですが、白木屋傳兵衛商店のばったもんです。近所のホームセンターで買いました。たぶん700円くらい。

でも、ちゃんと掃けるし、壊れもへたりもしていません。

ほうきなら5千円あればいいものが買えますね。いい掃除機の10分の1のお値段です。

 

 

ランニングコストがゼロ

ついでにいうと、ほうきは使用にお金がかかりません。

掃除機だと以下の費用がかかります。

  • 電気代
  • 紙パックなど消耗品
  • 壊れたら修理代

 

そうじするだけで当たり前のようにお金がかかるしくみになっています。これって納得できますか? ほうきは買い切りで使いたい放題ですよ。

 

 

あえてデメリット

じつはないです

と言ってもいいくらいデメリットらしいデメリットが感じられません。

それでもあえて言うのであれば、お菓子とかぱらぱらしたものをさっと吸い取るのは掃除機に負けるかな。

 

場合によっては合わせ技が必要

じゅうたんに髪の毛などが残る確率はほうきの方が高いでしょう。

でも掃いたあとに養生テープでぴたぴたやれば問題ありません。ぼくはどうしても気になるときだけやってます。

 

 

フローリングワイパーはめんどう

ほうきのかわりにフローリングワイパーを使った時期もありましたが、捨てました。

理由は「めんどうだったから」。

 

フローリングワイパーは毎回シートの交換が必要ですよね。これがぼくには手間でした。シートがなくなれば買ってこなければならないのもいやでした。

そもそも捨てるためのものをわざわざ買ってくることに違和感を感じてしまいます。

 

さらに決定的だったのは、フローリングワイパーでじゅうたんを掃除できなかったこと。さすがに無理でした。

フローリングワイパーで掃除をしてもけっきょく掃除機の力を借りなくてはなりません。だったらはじめから掃除機でやればいいわけで、フローリングワイパーは次第に出場機会を失ったのでした。

 

 

いらなくなった掃除機はもらっていただきました

ほうきだけでいけるぞ!と確信がもてたあとで掃除機を処分しました。

処分方法は「人にもらってもらう」です。

 

あげます・もらいますという趣旨のサイトに投稿したら、もらってくれる人が現れました。

鹿児島の人でしたので送料着払いで送らせてもらいました。処分費用はゼロです。

 

ちなみにぼくが使ったのはこちらのサイトです。

>>ルームシェア・ルームメイト

 

不用品をもらってもらえるサイトはほかにもいろいろあるようです。「中古品 あげます」といったキーワードで検索すると出てきます。

 

 

じつは以前の記事でご紹介したメルカリアッテでも不要品が処分できます。ゼロ円で出品すればもらってもらうのと同じです。

メルカリアッテなら梱包せずに済むので便利ですね。いまだったらメルカリアッテをファーストチョイスにしますね。

 

【あわせて読みたい】>>メルカリアッテで椅子が売れたときの一部始終を書いた記事

 

 

まとめ:掃除機なし生活にはデメリットが見当たらない

  • ほうきで掃除しても掃除機と同じくらい床とじゅうたんがきれいになるよ。
  • ほうきには「手間がかかる」「重い」「うるさい」という掃除を妨げる要因がいっさいないよ。
  • 掃除機の10分の1の値段で高級なほうきが買えるよ。
  • ほうきならランニングコストゼロ。そもそも掃除にランニングコストっておかしくない?

 

【あわせて読みたい】>>冷蔵庫なし生活もやっているので興味があればこちらもどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です