「冷蔵庫なし生活」が不安ならとりあえず読め。電源抜いたら冷蔵庫は超便利になる

The following two tabs change content below.
まさかの退職をきっかけに「自分の人生の舵は自分でにぎらなくてどうする」と気づき「かじとりズム」はじめました。稼ぐチカラをつけて、人生をコントロールしよう。

冷蔵庫なし生活歴かれこれ3年のカトーです。

じつは冷蔵庫あるんですけどね。ずっと電源を抜いてあるんですよ。

 

うちの冷蔵庫にはこの3年間1度も電気が流れていません。電源を入れたいと思ったことさえない。

って話をすると

Aさん
信じらないー
Bさん
不便でしょー
Cさん
ストイックだねー

とまるで世捨て人にでも会ったかのような反応をみなさまからいただきます。

 

でもいいのです。甘んじて受けましょう。

だって冷蔵庫は電源を抜いたほうが便利なのだから。

 

ぼくはもう冷蔵庫のある生活には戻れません。

 

 

 

いいですか。もう一度言いますよ。

 

 

 

ぼくはもう冷蔵庫のある生活には戻れません。

 

今日は電源を抜いた冷蔵庫の便利さをこれでもかというほど紹介します。心して読むように。

 

これがうちの元冷蔵庫だ!

これがわが家にある元冷蔵庫。いまはただの頑丈な箱です。

全有効容積82リットル。高さはぼくの腰くらい。

最近の冷蔵庫は単身者用でも120リットルくらいはありますから2ドアとしてはかなり小振りです。

 

元冷蔵庫の超便利なところ

食品の在庫が減る

電源を抜くと食品を冷やしておけませんから要冷蔵のものはその日に食べるぶんしか買いません。冷凍食品は論外。

買いだめすることができないので必然的に食品の在庫は減ります。

季節によって買うものを自然に考えるようになりますね。

 

カトー
涼しくなってきたからそろそろ餃子は買ってもいいかな

とか。

 

なんでも入る

冷蔵庫がただの箱になるとなんでも入れられます。これが意外と便利。

たとえばわが家の元冷蔵庫の1階(57リットル)にはこんなものが入っています。これでぜんぶですよ。

①レトルトの味噌汁
②バター
③梅干し
④梅ジュース
⑤インスタントのコーンスープ
⑥乾燥わかめ
⑦乾燥梅
⑧食べるラー油
⑨キンカンの砂糖漬け
⑩サバ缶
⑪生卵
⑫乾物各種
⑬インスタントラーメン
⑭はちみつ
⑮マヨネーズ
⑯ケチャップ

いかがです? お宅の冷蔵庫とくらべて多いですか少ないですか?

 

あたりまえですが要冷蔵のものはありません。

危なそうなのはバターと梅干しと生卵ですが、梅干しと生卵は真夏でも常温で大丈夫です。

バターはやめといた方がいいですね。秋から春限定で買います。

 

なんでも入れられるからすべての食品を1カ所に保管できる。すると食品の全体量を把握しやすくなります。

なにがあとどれくらいあるのかわかれば食品を無駄なく使うことができます。食品が冷蔵庫の中で「遭難する」ことはまずありません。

 

食器棚がいらなくなる

なんでも入れられるなら入れるものは食品でなくてもいいわけです。

というわけで、わが家の元冷蔵庫の2階(25リットル)には食器が入っています。

 

このくらい入ります。単身世帯ならこれで十分。お客さんが来ても2人までなら対応可能。

 

以前は食器棚がありましたが捨てました。

食器棚があったところはいまやちょっとしたおしゃれスペースとなっています。

これがおしゃれスペースだ!

食器棚を捨てられたのは冷蔵庫の電源プラグを抜いたおかげです。まちがいない。

 

冷蔵庫の上が使える

冷蔵庫の上面はぼくの腰の高さくらいです。

食器をおいて盛りつけたりするのにちょうどよい高さですが、電源が入った状態だと使うことができません。

 

電源が入っていると上面はとても結露しやすくつねに湿っているからです。

この状態でものを置いておくとまちがいなくカビが生えます(経験済み)。

 

電源を抜いてしまえばそこはフリーダムなキングダムになりますのでスペースを有効に活用できます。

わが家の場合はこんなかんじ。

①コルクボード: ホームセンターで500円くらいで買ったものを切って敷いてある。

②マグカップ入れ: じつは中学生のときに作ったカセットテープラック。

③竹かご: どこかでもらったもの。季節の野菜や果物を入れておける。

 

使う食器はすぐ下の元冷凍室から出しますので移動の手間が省けます。

食器と食品が1カ所にまとまるので効率よく使うことができます。

 

電気代ゼロ円

そしてもちろん電気代はゼロ円。

ちなみにわが家の10月分の電気代は1270円。

うち基本料金が842円。

現在契約容量は30A。これを減らせば余裕で3桁です。

 

元冷蔵庫ならあってもいい

ぼくは冷蔵庫なしで生活できる自信がありますが元冷蔵庫をすぐに処分するつもりはありません。

冷蔵庫なし生活をしてみてわかったのですが、食品て意外と匂うんですよね。ただの棚においておくと台所中ににおいが充満しそうです。虫も来るかもしれません。

 

その点、元冷蔵庫は密閉性が高いのでにおいを外に漏らしません。虫の侵入も許しません。食品をおいておくのに非常に都合がいいのです。

それにくわえて盛りつけスペースと食器棚までもが45センチ四方に収まるのです。無理して捨てる理由がありません。処分するのにはお金もかかるのでいまの家にいるかぎりは元冷蔵庫を活用していくことでしょう。

 

「冷蔵庫なし」をまねしてほしいとは思わない

ここまで「冷蔵庫なし生活」のいいところを説明してきました。

「冷蔵庫なしはいいよぉ」とさんざん言っておいてなんですが、ぼくはこれをまねしてほしいとは思っていません。

人それぞれに生活のしかたがありますから、冷蔵庫があったほうが生活しやすいなら無理しないで使えばいい。

 

でも、冷蔵庫が本当に必要なのかどうかは一度きちんと考えてみてもいいと思うのです。

 

ぼくも3年前まではぜったい必要と思っていました。しかしあまりに寒い信州に移り住んだことと東日本大震災があったことをきっかけにして「じつはいらないのでは?」と思うようになりました。

冷蔵庫はあって当たり前という「疑う余地のない常識」を疑うようになったのです。

 

必要かどうかはなくしてみればすぐわかります。冷蔵庫の場合はコンセントを抜くだけです。必要だったらまたコンセントを入れればいい。

考えるとは頭の中で思うことではなく、頭の外で行動することなんですよね。

 

【参考図書】
不必要なものならなくしても不便ではないはずだ!という仮説のもといろんなものをやめてみる生活をした人の本です。

なにが必要でなにが不要なのか。検証方法がシンプルなので自分の生活にも応用できます。

この方は車は必要ないけれど電子レンジは必要という自分なりの結論を導き出しています。考えたのではなくやってみてわかったのです。

Amazonで調べる

Kindleで調べる

楽天ブックスで調べる

まとめ

  • 冷蔵庫は電源を抜くとなんでも入って超便利だよ。
  • 冷蔵庫は電源を抜いても密閉性が高くて食品を入れる箱として都合がいいよ。
  • 冷蔵庫が本当に必要か一度考えてみてもいいと思うよ。
  • 考えるとは頭の中で思うことではなく頭の外で行動することだよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です