MacBook Airの保護アクセサリーを紹介。突然Macが壊れたら困るあなたへ

アイキャッチ画像

こんにちは。カトー(@hisayosky)です。

 

昨年12月に愛用のMacBook Airが突然お亡くなりになりました。

6年間使ってきましたが壊れるときは一瞬でした。

あっけないものです。

その後、Windows機を経て2018年5月に2代目のMacBook Airを購入しました。

 

今度のMacBook Air はすごいです。

前に使っていたのとは比べようもないほどのハイスペック。

心の底から「壊れてほしくないな」と思ったので保護アクセサリーをひと通り揃えました。

 

保護アクセサリーはいいものが近所にないためネットで買っています。

ネットは選択肢が多いですが、いいものどうかは買ってみないとわかりませんよね。

 

そこで今回は各種保護アクセサリーを実際に使ってみたのでレビューします。

「保護アクセサリーどうしようかな?」という方のお役に立てれば幸いです。

ぼくのPCはMacBook Air ですが、Proや無印MacBookでも参考になるはずです。

ではいってみましょう。

 

購入した保護アクセサリー

  • 持ち運び用ケース
  • シェルケース
  • キーボードカバー
  • 画面保護フィルム
  • 外付けHDD

 

を購入ししました。

ひとつずつ解説していきます。

 

持ち運び用ケース

<Inateck 13.3Inch インナーケース>

持ち運びの時の衝撃、外傷を守るために購入しました。

 

☑ちゃんとPCを守れるの?

守れます。ケースのアウター素材に厚さ3ミリのフェルトが使われており衝撃を吸収してくれます。

フタがマジックテープなのもいいですね。ファスナーだと出し入れの際に傷をつける恐れがありますが、このケースだとまったく心配ありません。

 

☑インナーはPCにやさしい素材?

インナーはメガネ拭きのような素材で、いかにも傷がつかない感触です。

出し入れするたびにきれいになっているような感じさえします(個人の感想です)。

 

☑ケースの耐久性は大丈夫?

耐久性はものすごいです。じつは先代から使っていますのでかれこれ7年になります。

しかしフェルトはまったくヘタっていませんし、型崩れもありません。びっくりするくらい長持ちです。

 

シェルケース

<MS factory MacBook Air 13 ケース>

持ち運びもそうですが、使用時のダメージを防ぐために購入しました。

 

☑どんな感じの素材?

たたくとコンコン音がします。硬いですが、力を加えると変形するくらいの柔軟性があります。

 

☑ぴったりはまる?

ぴったりはまります。見たところ、すき間はないです。PCと一体になっています。

 

☑付けるのむずかしくない?

下のパーツはPCをはめてそのまま置いたら自然にぱちっとはまりました。

上のパーツは少しコツがありまして、ツメが2つの方を奥にして先に引っ掛けます。

できたら手前の方を入れます。PCのフタをカバーの中に軽く押し込むと入ります。

手順を守れば簡単です。

 

☑つけたらモサっとしない?

ひと回り大きくなった感じはしますが、全体を覆うケースをつけてこれなら許容範囲です。

ですが、シェルケースをつけるとフェルトのケースには入らなくなります。

 

画面保護フィルム

<エレコム 液晶保護フィルム>

画面はいつの間にかけっこう汚れています。

先代は保護フィルムを使っていませんでしたが、今回は使うことにしました。

傷というより汚れ対策ですね。

 

☑きれいに貼れる?

貼れます。しかしフィルムの大きさが本当に画面ぴったりなので、ちょっとでもずれると周囲が浮きます。

ぼくは3回くらい貼り直して、なんとかきれいに貼れました。

貼り直ししても吸着力は落ちませんでした。剥がすのもそーっとやれば問題ありません。できれば剥がしたくないですけどね。

 

☑写り込みはある?

ツルツルなのであります。個人的には気になりません。

 

☑画面はくすまない?

くすみません。貼ってあることを忘れるくらい違和感ありません。

 

キーボードカバー

<MacBook Air/Pro 日本語 キーボードカバー (JIS配列)>

長いこと使っているとキーボードはテカテカになってきます。

飲み物をこぼすとキーボードから水分が侵入してきます。ホコリも侵入しますのでカバーはあったほうが安心です。

 

☑厚くない?

薄いです。ぱっと見、カバーがついているとは思えません。

 

ずれない?

キーボードに載せてあるだけですが、ずれません。打っていてもずれてきません。よくできています。

 

☑打ちにくくならない?

何もないときよりは打ちにくいかもしれません。好みの問題ですね。

ぼくは快適なのでカバーを使い続けます。

カバーをつけてこの打ち心地なら満足です。タイプミスが増えるわけでもありませんし。

 

カバーがついてタイピングに力がいるようなるのでは?と思っていましたが、まったく力はいりません。

むしろ打ち方が静かになりました

音はカバーをつけるとわかりやすく小さくなります。タイピングの音が気になる方にはいいかもしれません。

 

余談ですが、スピーカーの音はキーボードカバーをつけるとややこもります。

キーボードからも音が出ていたようです。

 

☑耐久性は?

まだ数日なのでなんとも言えませんが、なかなかヘタリそうに見えません。

へたったとしても300円なので半年もったら十分かと。

 

外付けHDD

<WD My Passport for Mac タイムマシン対応>

先代のAirはバックアップを取っていなかったため、データがほとんど残りませんでした(結果的には困っていませんが)。

この反省をもとにバックアップ用のHDDを用意しました。

 

☑使い方はむずかしくない?

TimeMachineという自動バックアップシステムに対応した機種なので、PCにつなげば勝手にやってくれます。

接続はUSB3.0ですから、無印とProの場合はご注意を。Airはそのまま使えます。

 

☑大きくない?

名前はPassportですが、パスポートよりひと回り小さいです。

小さいわりにずっしりとしておりまして、接続コード付きで271gです。

 

こんなふうにMacBook Airを守っています。気に入っていますので長く使いたいものです。

◆あわせて読みたい
>>MacBook Airを買いました。Proにしなかった理由はAirがベストバイだったから。

 

まとめ:紹介したMacBook Airの保護アクセサリーはどれも使い心地に不満なし。必要なところに備えておけば安心

  • 外付けHDD以外は2000円以下で財布にもやさしい
  • どれかひとつ選ぶなら個人的にはキーボードカバー
  • 保護フィルムを貼るときは画面のホコリに注意しよう

 

 

◆あなたにおすすめの記事
>>持ち運びに便利なだけじゃない。タブレットPCがMacBookシリーズのサブ機になりうる理由

>>故障したパソコンをお持ちの方へ。高く買い取ってもらえる方法を解説します【おすすめ業者アリ】

>>MacBook Airが起動しない!外付けHDDにつないでとりあえず動くようにする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です