【運営報告】2019年12月。会社員 × 副業1ヶ月目の進捗を報告するよ

アイキャッチ
SPONSORED LINK

 

こんにちは。カトヒサ(@hisayosky)です。

今回は毎月恒例の運営報告です。

が、12月から会社員になってしまいましたので、今回以降「会社員×副業」の運営報告とします。

 

正直なところ、12月は引越しや東京生活への適応で副業どころではありませんでした。

ペースを掴むのがやっとの1ヶ月。

ではさっそく運営報告いってみましょう!

 

スポンサードサーチ

2019年12月の副業収益

合計 157,400円。

慣れない東京で約2年ぶりの会社勤めをしながらこれなので上出来です。よくがんばった!

 

事業部門(ブログ)

小計32,400円。

内訳

  • アドセンス:8,700円
  • Amazon・楽天:6,700円
  • その他 ASP:17,000円

  • 月間 PV :50,000(前月49,000)
  • 更新記事数:4

 

本業が忙しかったわりに、記事は書いてますね。

4本のうち1本は、はじめて書いたプロモーション記事。

東京に出てきたおかげで取材がしやすくなりました。

 

制作部門( Web・デザイン制作、SNS 運用、ライティング)

小計 65,000円。

固定案件(SNS運用とライティング)のみ。

SNS運用は今月で辞めたので、来月から制作部門は減少する見込みです。

 

運用部門(FX)

小計 60,000 円。

年末ということで保有している玉を整理し、多少の損切りをしました。

それでもぼちぼち利益が出てます。

2019年後半は出さなくてもいい損失を出してしまいました。反省点です。

2020年は運用方針を若干修正。こういうのは「自分は下手」という前提で考えたほうがうまくいきます。

 

2019年 12月にやったこと

やったこと

Webマーケ担当として会社で働き始めた

Webマーケ担当として働き始めました。

長野県諏訪市からいきなり東京に出てきましたので生活も激変。

12月はとにかく生活を軌道に乗せることを第一に考えて、淡々と毎日を過ごしました。

その甲斐あって、

  • 通勤パターン
  • 生活パターン

の2つが固められ、作業ができる余裕が少しできました。

生活が普通にできないと、作業なんてとてもできません。

アイキャッチ

40代未経験で元医療職のぼくがWebマーケ担当に転職した話

2019年12月15日

 

SNS運用案件をやめた

数ヶ月にわたり継続案件として受けてきたSNS運用をやめました。

  • 本業ができたことで、収入が安定した
  • 限られた時間をこの案件に使いたくなかった

のが主な理由。

収入以外のプラスが見えなかった上、あまり気持ちよく仕事できていなかったんですよね。

就職したことでそれがはっきりしましたので、スパッと辞めさせていただいた次第です。

 

プロモーション記事を書いた

新たな試みとして、プロモーション記事を書いてみました。

アイキャッチ

副業として起業したいあなたへ。起業スクール「Cash Engine」の副業起業セミナーに行ってきました【PR】

2019年12月26日

ASPのサイトをよく見ると、プロモーション記事を書いてもらうための体験会が行われています。

ただし、開催地は東京。

地方在住だとなかなか行く気になれませんが、いまや東京暮らしなのでコストはほとんどかかりません。

話もおもしろかったですし、自分が体験するので記事も書きやすかった。

続けてみてもいいかなと思いました。

 

Webディレクションは始められず

Webディレクションの仕事を始める予定でしたが、本業との兼ね合いがうまくいかず流れました。

やっぱり副業としてがっつりクライアントワークするのはむずかしいですね。

 

本を読み始めた

会社の前に大型書店があったのがきっかけで、本を読みはじめました。

今月読んだのは以下の2冊。

いずれも本業を意識して選んだ2冊です。

「転職と副業のかけ算」は今後、会社でどんな働き方をしていくかを考えるヒントに、「僕らはSNSでモノを買う」は本業に生かすならどうなるかを考えながら読みました。

読書時間は通勤時と昼休みだけですが、割と読めます。

 

スポンサードサーチ

2020年1月にやること

やること

2020年1月は以下の3点をやります。

やることリスト

  • 引き続き会社と会社の業務に慣れる
  • Google Analyticsを勉強する
  • Webデザインを再開

転職2ヶ月目なので、本業の仕事はまだまだ覚えることがたくさんあります。

アナリティクスは本業でも必須ですから、勉強するなら今かなと。

Webデザインは細々と続けていきたいものですし、できると本業にもいい影響があります。

あとクライアントワークでありながら、納期が緩い働き方ができるのも副業としてはありがたいところです。

 

2020年も地味に積み上げてまいりますm(_ _)m

 

2019年12月のまとめ

  • Webマーケ担当として東京で働き始めた
  • SNSの継続案件を辞めた
  • 本業と副業のバランスの取り方を模索した1ヶ月だった

 




当サイトは「STORK」を使用しています

関連記事