ポモドーロテクニックで作業を効率化するコツを紹介します

アイキャッチ
SPONSORED LINK

 

こんにちは。カトヒサ(@hisayosky)です。

 

けん子

やることがあるのに集中が続かない。。。

なかなか作業が始められない。。。

あたしってダメダメだわ。。。

と思ってしまっていませんか?

その悩み「ポモドーロ・テクニック」で解決できます。

 

ポモドーロ・テクニックとは「25分作業+5分休む」を繰り返す仕事術です。

たったこれだけで作業の取りかかりがスムーズになるだけでなく、集中できる時間が長くなります。

また集中できる状態に早く達するようになります。

シンプルながら効果がとてもわかりやすい仕事術です。

 

ぼくは最初付き合いでやってみたのですが、それ以来ポモドーロ・テクニックが欠かせなくなりました。

今回はぼくの体験も踏まえて「ポモドーロ・テクニック、実践のコツ」を解説していきます。

ではいってみましょう。

 

スポンサードサーチ

ポモドーロテクニックのやり方

カゴに入った野菜

① 25分+5分

一番の基本は「25分作業したら5分休むこと」です。

時間はタイマーできちんと測ります。

タイマーを使わなかったらポモドーロ・テクニックの効果は発揮されません。

どんなものでもいいのでタイマーは必須と考えてください。

 

② 4セットやったら長めに休む

25分+5分を4セットやったら15分から30分の休憩します。

25分+5分のインターバルは負担が少ないですが、延々繰り返すのはさすがにきついです。

きつければ作業は続きません。

 

③ タスクは一つに絞る

タスクは基本一つがよいです。

細かいタスクなら1セット(25分+5分)で終わるようにします。

 

なお「絶対4セットで終わらせてやる!」と気負う必要はありません

ポモドーロ・テクニックの目的はタスクを時間内に終わらせることではありません。

集中して作業に取り組めればそれでよしです。

 

以上がポモドーロテクニックのルールですが、厳守すべきは「25分+5分」です。

これだけできていれば効果が感じられるでしょう。

 

ポモドーロテクニックのコツ

トマト

ルールのとおりやるだけなんですが、やってみるとわかるコツもあるので紹介します。

「作業を途中でやめる」

これはとても重要です。 時間が来たら作業は途中でもやめます。

「途中でやめる」のがミソなのです。

 

中途半端に作業を終えることで「早く作業に戻りたい」という気持ちになります。

また休憩後にやることがはっきりしているので休憩からスムーズに戻ってこられます。

 

「2人以上でやる」

自分だけだとルールを破りそうなら誰かと一緒にやってみるのはいいです。

作業の「終了」と「再開」の強制力が強まります。

 

「休憩時はデスクから離れる」

作業を完全に切り離すためにデスクから離れます。

ぼくの場合は床の上で横になって転がってます。

コーヒーを淹れに行ったり、トイレに行ったりするのもこの時間です。

Webの仕事をしていると座っている時間が長いので、その意味でもこまめに立ち座りするのはいいですね。

 

スポンサードサーチ

タイマーについて

Timer

ぶっちゃけタイマーならなんでもいいんです。

ポモドーロ専用のものがいい人はChrome の拡張機能を利用するといいでしょう。2つ紹介します。

 

マリナラ:Pomodoroアシスタント

 

マリナラ

拡張機能のアイコンをタップすると自動的に「25分」「5分」を計ってくれます。

音やインターバルを細かく設定できますが、個人的には機能が多過ぎました。

色々細かく設定したい人にはいいかもしれません。

>>マリナラのインストールはこちら

 

Strict Workflow

strict workflow

基本的に25分+5分を計るだけで細かい設定はできません。

使い方はマリナラと同じで拡張機能のアイコンをタップすればOK。

作業中に特定のサイトを見られないようにできるのが特徴です。

>>Strict Workflow のインストールはこちら

 

スマホのタイマー

なんだかんだで結局スマホのタイマーを使っています。

時間をいちいち設定しなければなりませんが、それも含めてオンとオフの切り替えになっています。

 

25分+5分で作業と休憩を切り替えるのがポモドーロテクニックの大原則。

とはいえそんなにカッチリと切り替えられるわけではありません。30秒から1分程度の誤差はあります。

スマホのタイマーの場合、自分で時間を設定をする分ちょうどいい具合のゆるさができます。

PC 作業じゃなくても使えるので、いまのところ普通のタイマーが一番使いやすいです。

 

ポモドーロ・テクニックの疑問に答えます

Q. 時間を細かく区切ったら集中できないのでは?

ぼくもそう思ってましたがまったく逆でした。

人間の集中は何時間も続くものではありません。

25分作業をして5分休むというのが絶妙で、このインターバルだと作業をしても疲れがほとんど残りません 。

疲れにくいので作業に戻りやすいですし、長く続けることができます。

 

Q. 1人でもできる?

やってみると意外とできるものです。

タイマーをセットしてスタートさせることで「スタートしちゃったし、やるか」という気持ちになります。

2人以上なら確実にできるので、心配なら最初は2人以上でやればいいでしょう

 

Q. 何セットやったか忘れない?

忘れます、はい。

なので4セット行った後の長い休みはぶっちゃけいい加減になってます。

それでも最低限「25分+5分」を守るだけで十分効率は上がります。

めんどうならば何セットやったかはあまり気にしなくてよいでしょう。

 

スポンサードサーチ

まとめ:ポモドーロ・テクニックやるならとりあえず「25分+5分」だけ意識すればOK

  • タイマーを使おう
  • とりあえず「25分+5分」だけ厳守しよう
  • とはいえかっちり「25分+5分」はムリ。誤差はある
  • 2人以上なら確実にできる

 

▼最後まで読んでくれたあなたにおすすめの記事
PDCAノートやるならまずは実践すべき。目標はあとでよい理由を解説します【実践例あり】




当サイトは「STORK」を使用しています

関連記事