PDCAノートのミニマムな書き方【これだけ押さえてとにかく実践!】

  • URLをコピーしました!

こんにちは。最近PDCAノートを仕事に活用しているカトー(@hisayosky )です。

 

こちらの記事でPDCAのすばらしさについて書きましたが、

 

本当はやってないんじゃない? 実際、どうやってんのよ?

という声が来ないうちにPDCAノートの実践方法について紹介しておこうと思います。

 

ぶっちゃけ『最短で目標を達成する! PDCAノート』に書いてあるとおりなのですが、はっきりいいます。

はじめは p.178-196だけ読めばいいです。

そこだけ読んでちゃっちゃとPDCAサイクルを回しましょう。目標とか細かいことは、PDCAノートをやってみて手応えをつかんでからでOK

はじめから全部やろうとすると大変。挫折するよりミニマムで続ける方がマシ!という考え方です。

 

今回はぼくのPDCAノートの活用法を紹介します。

最短で目標を達成する! PDCAノート』の内容のおよそ20ページ分だけですからとても簡単ですよ。

ではいってみましょう。

 

目次

PDCAノート「黒本」だけ買った理由

岡村拓朗さん(@okamurata96 )が書かれたPDCAノートの本には黄色いのと黒いのがあります。ぼくは黒い本だけ買いました。

 

理由はずばり、「黒本が自分の用途に合っていたから」です。

 

ちなみにツイッターで推されていたのは黄色いほうの本でした。

しかし本屋で見比べてみたところ、黄色い本の内容は黒い本の一部(p.178-196)に簡単に書かれていたんですよね。

 

なら黒だけでいいじゃないかと

しかも黒はただPDCAを回すだけでなく目標達成に特化した内容なわけです。

 

ならうってつけじゃないかと

そんな理由で黒本だけ購入しました。

 

ざっくりと「最短で目標を達成する! PDCAノート」の内容を紹介

最短で目標を達成する! PDCAノート

では黒本で紹介されている書き方をざっくりと紹介します。

  1. 「いつか」「3年以内」「1年以内」に達成したい目標を立てる
  2. 1年以内に達成したい目標を3カ月単位で細分化する
  3. 3カ月の目標を1カ月に細分化
  4. 1カ月の目標を1週間に細分化
  5. 今週の「いつ」やるか決める。つまり「計画」を「予定」にしてしまう
  6. 1日単位でPDCAサイクルを回す

 

これを見てどう思いましたか? ぼくはぶっちゃけ「やることけっこうあるんだな…」と思いました。

PDCAノート始める前に心が折れそう。。。

 

やる前に挫折しては元も子もありません。そこで6の「1日単位でPDCAサイクルを回す」だけに絞ってまずは始めることにしました。

 

一番重要なのは「デイリー目標達成PDCAノート」

はりがみ、メモ

目標達成のために一番重要なのは「行動すること」です。目標はぶっちゃけ後でもいい。

なのでとりあえず目標はすっ飛ばして、「デイリー目標達成PDCAノート」だけ稼働させることにしました。PDCAノートの書き方の「6」に当たる部分です。

目標を立てるところからはじめたら、いつになってもPDCAノートが稼働しないだろうなと思いました。

 

明確な目標があっても、PDCAサイクルが回っていなければ目標は目標のままで終わります

とにかくPDCAサイクルが回らないことにははじまらない。

だからぼくは本をひととおり読んだあと、p.178-196 だけを見てPDCAノートを実践する戦略を取ったのです。

 

PDCAノートを書くならほしい3つの道具

PC コーヒー ノート

本の中でも紹介されていますが、必要なのは「方眼ノート」「定規」「ペン」です。

パッと開いてさっと書ける手書きをおすすめします。

 

定規とペンはうちにあるもので対応。ノートはマルマンの「A4 5mm方眼ルーズリーフ」、バインダーはキングジムの「テフレーヌ」を使っています。

テフレーヌのココがいい!
  • 超薄型の上、リングが少ないので恐ろしく軽量
  • リングが上下4つずつしかないので、左ページを書くときでもリングが邪魔にならない
  • 軽いので抵抗なく持ち運べる

 

ノートはA4サイズ以上が推奨されていますが、A5サイズのノートを見開きで使ってもいいようです。

実際使ってみると、やはりA4サイズが書きやすかったですね。

 

ルーズリーフを見開きで使うと、裏表両面に書くことになりあとで管理が面倒です。

A4サイズを横にして、片面だけ使うのをお勧めします。

 

ズボラなぼくのPDCAノートの書き方

デイリーPDCA

上の画像はぼくが実際に書いているノートです。

これを参考にしながら、以下の書き方をご覧ください。

  1. ノートに線を引く
    → ノートに線を引きます。時間の目盛りも忘れずに。
  2. その日の目標「1ゴール」を決める
    → とにかくこれだけはマスト!な目標をひとつだけ決めて、ノート左上に記入。
  3. 「P」にやることを書く(一番左の列)
    → 成果につながることは左、それ以外は右。
  4. 「D」にやったことを書く(左から2番目の列)
    → ひとつ終わるごとに書いていきます。
  5. 「C」に気づいたことを書く(左から3番目の列)
    → あれば書く程度です。毎回ではありません。
  6. 「A」に次の行動を書く(一番右の列)
    → これもあれば書きますが、改善を目指すなら「C」とともに意識して書くべき。

 

以上です。ぼくの場合は、自分の行動について「いい加減にメモをとっている感じ」で使っています。

たったこれだけですが、以下のような変化がありました。

  • 次にやることを考える時間が減った
  • 作業後に「どうだったかな」と振り返る習慣がついた
  • 実行不可能な量の作業を詰め込まなくなった

 

PDCAノートを書く前は、次に何をするのかだけ考えて、終わったことはやりっぱなし。これだと改善していくわけがないですよね。

 

PDCAノートは1秒でも早くはじめるのが吉

本にも書いてある通り、人の成長は利息みたいなものです。

もし毎日1%ずつ利息がつく金融商品があったとしたら、1年後には37.8倍にもなります。これを人の成長に当てはめることができるとしたら、毎日1%ずつでも昨日より成長し続けたら、1年後にはとんでもなく成長しているあなたになれます。

出典:最短で目標を達成する! PDCAノート

 

もしあなたがPDCAノートを始めようと思ったなら、目標はいったん横に置いてPDCAを回すところから始めてみてください。

長期計画は慣れてからでOK。PDCAノートを書くと無理な計画かどうかが一発でわかりますので、感覚を養う意味でも先に使ってみるのがいいです。

 

まとめ:目標立てる前にノートを買ってPDCAを回そう。くわしい話はそれからだ

以上、PDCAノートのミニマムな書き方・始め方についてお伝えしました。

本に書いてあることをアレンジせずにできればそれが一番ですが、無理ならできるところから始めてみましょう。

PDCAノートは目標管理ツールとして優れています。もしあなたが作業に生産性を感じられないと思っていたら、試してみてください。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次