個人で稼ぐ力を確実につけたい人へ。メンターの探し方を解説します

アイキャッチ
SPONSORED LINK

 

けん子
もっと収入を増やしたい。

会社もこれからどうなるかわからない。

「個人で稼ぐ力」をつけたいけれど、できる自信ないなぁ。

個人で稼ぐ力を確実に身につける方法はないかな?

という疑問に答えます。

 

本記事の内容

  • 「個人で稼ぐ力」をつけるならメンターを探しましょう
  • メンターの探し方
  • メンターをつけるべき理由と注意点

 

結論から言うと、「メンターをつける」のが個人で稼ぐ近道です。

とはいえ、「メンターなんかいない」「近くに個人で稼いでいる人がいない」という人がほとんどでしょう。

そこでこの記事では、メンターの探し方も解説します。

 

ぼくは医療職を辞めてスキルゼロからWeb関連の世界に入りました。現在はフリーランサーです(2019年11月)。

はじめは何をしたらいいかわからず途方に暮れていましたが、メンターが見つかったことで猛烈に前に進むことができました。

メンターがいなかったら本当にヤバかったです。

あなたが今「個人で稼ぐ力をつけたいけれど、何をしたらいいかわからない」と悩んで動けていないなら、この記事を読んでください。

同じ道を通ってきたぼくが「個人で稼ぐ力」をつける方法について語ります。

 

スポンサードサーチ

「個人で稼ぐ力」は実際に稼いでいる人から学ぶべき

ゾウと人

できる自信がないのは、やり方を知らないから

なんでもそうですが、できる自信がないのは「やり方」を知らないからです。

例えば就職の仕方はわかりますよね。

  1. よさそうな会社を探す
  2. 応募する
  3. 試験を受けて合格すれば採用

やることがわかっているので、すぐに行動できるはずです。

 

「個人で稼ぐ」はまだ一般的でないので、やることがわかりません。

だから自信がないし、動けない。

ゆえに「やり方」さえわかれば、かなり行動しやすくなります。

 

「スキル=個人で稼ぐ力」ではない

個人で稼ぐというと「スキルを身につけよう!」となりがちですが、ちょっと注意が必要です。

「スキル=個人で稼ぐ力」ではないからです。

スキルだけあっても稼ぐことはできません。

実際スキルはあるのに個人で稼げていない人はたくさんいます。

 

スキルに加えて必要なのは「営業力」です。

顧客を獲得する力がないとビジネスになりません。

この視点は抜けがちなので注意しましょう。

 

「個人で稼ぐ力」が会社では身につかない理由

会社は個人で稼ぐ方法を教えてくれません。

会社の業務を行うために雇っているわけですから当然ですね。

ぼくは11年間医療専門職として病院で働きましたが、辞める時には稼ぐ力ゼロでした。

会社で一生懸命働いても、正しい努力をしなければこんなものです。

また会社員には給与収入があるので、個人で稼ぐ努力をしたことない人がほとんどです。

だから教えてくれる人も見つけにくい。

「副業禁止」の会社だと、モデルになる人を探し出すのはなおさらむずかしいでしょう。

 

稼ぐ力を身につけたいなら自分で努力するしかない。でも努力する方法がわからない。

これが「個人で稼ぐ力」をつける上で一番の壁です。

 

メンターを探しましょう

やり方がわからないなら、わかっている人から教わるのが早いです。

とはいえ、会社や身近なところにはいないかもしれません。

でも大丈夫です。メンターを探す方法をご紹介します。

 

「個人で稼ぐ力」に導いてくれるメンターを探す方法

悩む人

メンターを探す方法は、ざっと以下の5つです。

  • マッチングサービス
  • スクール
  • フリーランス養成講座
  • オンラインサロン
  • Twitter

順番に見ていきましょう。

 

マッチングサービス

メンターといえばMENTA。まさにメンターとメンティをマッチングするサービスです。

MENTAですと、スキル習得から実際に案件を獲得するところまで面倒をみてくれるメンターが探せます。

メンター

出典:MENTA

これなら個人で稼ぐことが実現できそうな気がしてきませんか?

 

いちおう欠点らしい点を挙げると、価格とサービスの質はメンターによってさまざまです。

しかしそこはレビューや評価を参考にしつつ、メンター本人と直接コミュニケーションをとって決めればあまり問題にはなりません。

MENTA ※個人が教えたり、教えてもらったりできるサービス

 

スクール

プログラミングやWebデザインで稼ぎたいならスクールを利用するのも有効です。

というのも、スクールにはだいたい「案件獲得保証」や「転職保証」が付いているから。

これは案件が獲得できなかったり転職できなかったら、受講料は全額返金という制度です。

 

したがって、稼ぐ力をつける確実性の高さはスクールがピカイチ。

一方でデメリットもあります。スクールにもよりますが、費用が数十万円かかることです。

 

しかし、これは意外と早く回収できるので心配無用。

Web制作案件ですと20〜30万円のものがわりとあります。つまり3件くらいかんばれば、スクールに投資したお金は戻ってきます。

最初が大変ですが、費用対効果を考えると悪くない投資です。

【GEEK JOB】※完全無料でプログラミングが学べるスクール

【TECH::CAMP※「案件獲得保証」「転職保証」ありのスクール

 

フリーランス養成講座

内容はスクールと似ており、スキルの獲得だけでなく案件を獲得するところまでサポートしてくれます。

ただし「フリーランス」なので転職支援はありません。

 

養成講座のいいのは、スクールに比べて価格が安く、学習期間が短いところです。

欠点としては、「開催時期が限られている」「定員が少ない」あたりでしょうか。

タイミングが合えば、という感じですね。

ちなみにぼくは「iSara」というフリーランス養成講座を利用しました。

プログラミングのスキルと顧客獲得の方法が学べたのはもちろん、フリーランスの方々と知り合えたのがよかったです。

人間関係もがらっと変わりました。人間は環境に流されるので、付き合う人もわりと大事です。

 

オンラインサロン

メンターとはちょっと違いますが、オンラインサロンもアリです。

ブログ、アフィリエイト、プログラミング、物販など、探せばいろんな分野のサロンが見つかります。

ここでひとつ注意点なのですが、オンラインサロンはスクールではありません。

情報を共有したり勉強の場を提供したりするだけです。

稼ぎ方を手取り足取り教えてくれるわけでも、ロードマップがあるわけでもありません。

「情報さえあれば、あとは自分でなんとかできる」

「一緒にがんばっている人がいるだけで心強い」

という人にはいいかもしれません。

 

ぼくも利用したことがありますが、個人的にはかなりハードル高めでした。

意思が弱く行動力に自信がない人にはお勧めしません。

 

Twitter

非常にまれですが、個人的に稼ぎ方を教えてくれる人もいます。そんな人を探すならツイッターがおすすめです。

直接教えてもらわないまでも、ロールモデルになりそうな人を探すという使い方もあります。

 

いずれにしても情報を早くキャッチするために、「これ!」という人を見つけたらフォローしておくこと。

できれば複数がいいですね。

  1. よさそうな人をフォロー
  2. その人がフォローしている人の中から良さそうな人を探してフォロー

これを繰り返せばOKです。

こちらもスクールのようにレールが敷かれて要るわけではないので、かなり行動力がいります。

 

スポンサードサーチ

メンターをつけるメリット

ジャグラー

それでも「メンターなんて本当に要る?」と思っていませんか。

あなたが想像するよりメンターのメリットは大きいですよ。

 

最短で「稼ぐ力」をつけられる

メンターをつけるメリットは、最短で「稼ぐ力」をつけられることです。

独学だとどうしても「本当にこれでいいの?」という不安がつねに付きまといます。

 

「次にやるべきこと」を探すのも意外と消耗する作業です。

エネルギーを使う割に最適解にはなかなかたどり着きません。

そもそも最適かどうかがわからないから不安になるわけなので、堂々巡りです。

メンターがいるだけで、この「負のスパイラル」からあっさりと抜け出せます。

 

とはいえ、歩くのは自分です

メンターは方向を示したり、越えるべきステップを教えてくれるだけ。

スキルや顧客を獲得するには自分が動かなければなりません。

 

どうせ挑戦するなら、脱線したりつまらないことで挫折したりするのは避けたいですよね。

確実性の高い方法でやってみましょう。

やみくもにがんばっても、自己肯定感が下がるだけで本当にいいことありませんから。

 

まとめ:「個人で稼ぐ力」をつけるにはメンターが必要です

人間、あてもなく努力するのはきついです。

「これをやれば大丈夫」

「一歩前に進める」

と思うからこそ、多少きつくてもがんばれます。

 

メンターはあなたがこれから行こうとする道を一度通ってきた人です。確実にゴールへ導いてくれるでしょう。

どうせ努力するなら、正しい努力に時間と労力をかけたいですよね。

もしあなたができることがなくて悩んでいるなら、とりあえずメンターを探してください。

「個人で稼ぐ時代」今からスタートすべき7つの理由【プラットフォームも紹介】

2019.11.10




当サイトは「STORK」を使用しています

関連記事