フリーランスから会社員になって2年経つので思うところを書こうじゃないか

フリーランスをやめて、長野から東京に来て会社員になったのが2019年12月。あれから2年が経ちました。

会社員になってよかったかどうかも含めて、2年経った現在思うところを書いてみます。

目次

会社員になってよかったか?

ぼくの場合は会社員になってよかったです。

そもそも会社員になれると思っていなかったので、「よくなれたよね」というのが正直なところ

「ぼくの場合は」と断りを入れたのは、フリーでうまくやっていける人もいるからです。

残念ながらぼくにはまだフリーでやっていく力も適性もありませんでした。フリーも会社員も両方やってみてわかったことです。

「あ、こりゃフリーランス無理だったわ」と会社員になってようやく認めることができた。

会社員が務まらない人がいるように、フリーランスでやっていけない人もいます。それは間違いないけれど、あなたがやってみようと思うならやってみるのが正解です。これも間違いありません。

会社員になって具体的によかったこと

会社員になってよかったのは、生活の心配をせずにスキルアップができる環境が手に入ったこと

フリーランス養成講座で言われたのは「スキルは仕事しながら上げてゆけ!」。

理屈としてはわかります。本当にその通り。でもぼくにはプレッシャーが大きすぎてフリーでそれをやるのはムリでした

実際クライアントさんにも迷惑かけたので、あそこまで強引なやり方はもうしないでしょう。やるならもう少しマイルドなやり方で。上達に実践が不可欠なのは間違いないです。

もう一つよかったのは、自分の仕事が「これ!」と定まったこと

最近は「Webマーケティングやってます」と口にすることにやっと後ろめたさがなくなってきました。

まだ駆け出しみたいなものですが一応結果を出せましたし、ぼくのスキルを必要としてくれる人もちらほら出てくるようになり、中身がちょっとずつついてきたかなと。

あとは東京に住めたことですかね

「東京なんて人の住むところじゃねえ」と本気で思っていましたが、多すぎる人も満員の電車もコロナでいろいろ大変なことも含めて一度は住んでおけてよかったです。

会社員になってよくなかったこと

会社員になってよくなかったことは、じつはあまりありません

時間の自由は圧倒的になくなりましたが、会社員はそういうもんだろうと思っているし、ノマドワークがしたいわけでもないのでどっちでもいい。

コロナの状況下では、ちょっと海外行けるようになったとしても企業に所属している限り感染リスク的にダメでしょうね。そこはデメリットといえばデメリットですが些細なことです。

会社のルールがスピーディーな行動を妨げる場面には何度かぶつかってきました。あれは会社も個人も損してるよなと。

そう思っていても、会社のルールの中でベターな解決策を捻り出さなければならないのがツラいところです。

これはよくなかったことと言えるかもしれない。しなくてもいい苦労ですから。

会社員じゃないとできない経験はある

とはいえ、会社員じゃないと経験できないこともあります。

個人ではありえないほど大きな金額を動かしたり、チームを組んで他社を相手に仕事ができるのは会社員ならでは。

個人でもできるけれど、そこに至る前に死んでしまう人の方がきっと多い。

会社員なら会社の看板を借りられるおかげでそれほどむずかしいことではありません

年齢を重ねるにつれて、会社員になるのはむずかしくなっていきます。

チャンスがあって自分の成長の場になりそうなら、やってみるのをおすすめします。ただしずっとやる必要はありません。就職はいつまでも誰にでも持てるカードではないですよ

ブラック企業もあるかもですが、同じくらいホワイトもあります。ぼくは病院も含めて3社しか経験していませんが、本当に会社ってぜんぜん違うなと思っています。

ずっと会社員をやるか?

会社員に肯定的な発言が続いたので、このままずっと会社員やりそうに見えるかもですが、正直わかりません。

会社員とかフリーとか形はどっちでもよくて、その時の状況に合った働き方ができればOKと考えています

急に外国に住むことにでもなれば、今の会社は辞めなければなりません。状況によっては会社員をやるのがむずかしい場合もあるでしょう。

そうなることを見越して、会社員であっても自分でビジネスをやる力はつけておきたいなと思っています。今やっているUdemy講師はその一環です。

会社員やりながらクライアントワークはちょっとキツイので、自分でサービスを作り自分でマーケティングして売っていきます。

まとめ

会社員になってから2年経った現在、思っていることを書きました。

会社員ですが、会社の看板を借りなくても自分にできることは何だろうかと考えながらやっていきます。

あわせて読みたい
言語聴覚士、やりたくないならやめちゃえば? 11年続けたぼくが辞めざるを得なかった理由 こんにちは。カトヒサ(@hisayosky)です。 言語聴覚士はリハビリテーションをする職種です。理学療法士の仲間ですね。 病気や怪我で障害を負った患者さんが食べたりし...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる