プロになるより何かを極めた素人になるほうがニーズがあるっていう話。

The following two tabs change content below.
まさかの退職をきっかけに「自分の人生の舵は自分でにぎらなくてどうする」と気づき「かじとりズム」はじめました。稼ぐチカラをつけて、人生をコントロールしよう。

どーも。人生に迷いまくりのカトー(@hisayosky)です。

 

会社勤めが終わるまであと半年を切りました。

早く終わらないかな〜、あれもこれもやりたいことたくさんあるのにな〜と退職する日が待ち遠しい反面

リトルカトー
仕事辞めたらどうすんの! ちゃんと自分でやっていけんの! どうなのどうなのどうなのよー!!!

と焦る気持ちも正直あります。

 

現在のところ、ぼくには「これで仕事を依頼していただけます!」と胸を張っていえるだけのスキルはありません。持ちネタゼロです。

リトルカトー
ありません! と胸を張っていえるところがかなしいね。

 

じゃあがんばって一刻も早くプロ級の技を身につけなきゃダメなのかというと必ずしもそうではありません。むしろプロになってはいけないかもしれない。

 

 

プロにならなくても仕事はある

あいささん(@aissgt)、めちゃいいツイートをしてくれた。ありがとうございますー!(注:知らない人です)

 

こうしてきちんと言葉にしてもらえるとよくわかる。

いま活躍しているすごい人たちって「何かを極めた素人」ばっかりなんですよね。

 

ブロガーやユーチューバーだけじゃない。画家もミュージシャンも写真家もそう。

通るべきところをきちんと通らないと仕事にならなかったのはもはや過去の話。

 

バンドを組んで、ライブハウスで場数踏んで、CD手売りして、オーディション受けて、スカウトされて、レコード会社と契約して、CDデビューしないとミュージシャンになれなかったのが、いまや自分で作った曲をネットで配信したら仕事の依頼が来てミュージシャンとして仕事ができる。

やっていることを自分で発信したらそれで仕事になってしまう。

 

素人だからこそ敷居が低い

いわゆる「プロ」だと敷居が高くて仕事を依頼する側も依頼がしにくいですよね。

 

たとえばプロのカメラマンに写真の撮影なんて依頼したら

リトルカトー
いったいいくらかかるんだー! ていうか相手にもされないんじゃないのー!

みたいな恐怖がある。

いい写真は撮れるかもしれないけれど敷居は高い。そこはプロであることのデメリットだと思う。

 

その点、何かを極めた素人は素人だけに頼みやすい。仕事の質はネットで確かめられるし、用事があったらメッセージでちょっと聞いてみることもできる。

 

いまはプロ顔負けのいい仕事をする素人が簡単に見つけられます。だったらわざわざプロに頼む必要はない。いい仕事してくれるんだったらプロも素人も関係ない。頼みやすいほうに頼むに決まっている。

だから素人でも何かをひとつ極めればそれで仕事なる可能性は十分にあるわけですよ。

 

極めることはなんでもいい

じゃあなにを極めたらいいのかってところが問題になるけれど、本当になんでもいいようです。

たとえば

https://www.froggy.money/6434/より転載

ホームレスを極めた人(赤いほうの人です)。ぜんぜんホームレスっぽくない。

>>>ホームレス小谷(@kotanimakoto)

 

https://twitter.com/rutty07zより転載

無職を極めて「プロ無職」の肩書きをもつ人。プロ無職ってなんだ? って感じですが、たぶんそこらへんの会社員より稼いでます。

>>>るってぃ(@rutty07z)

 

最近とくにすごいと思ったのはこの人。

http://news.livedoor.com/article/detail/13910692/より転載

空飛んでるからすごいんじゃないですよ。

この方、89歳のアマチュア写真家で「自撮りおばあちゃん」と呼ばれているのだとか。

>>>89歳の自撮りおばあちゃん、西本喜美子さんに「撮影のコツ」を聞いてみた

 

西本さんが写真をはじめたのは72歳。何かを極めるのに遅すぎる年齢はないと言わざるを得ない。

 

思わず目を引く「自撮り写真」を撮るコツは? と聞かれて、西本さんはこう答えています。

面白そうと思ったらやってみるだけです。強いて言うなら「恥ずかしいと思わないこと」ですかね。(http://news.livedoor.com/article/detail/13910692/より引用)

 

写真の撮り方だけでなく、素人が何かを極めるコツもまさにこれじゃないですかね。

 

 

発信しないとはじまらないし、どこにもつながらない

上で紹介した3人の方々に共通することはふたつ。

ひとつは何かを極めた素人であること。

もうひとつは極める前から自分のしていることを公開していたということ。

 

すごい素人の方々を見るにつけ発信することって大事だなと思います。

発信する手段はなんでもいいのですが、ぼくはブログを選びました。画像と文を使うメディアは自分と相性がいいと思ったからです。

 

会社を辞めて来春からやっていけるかどうかはわからないけれど、いまやれることはわかっています。

ブログで発信力を鍛えつつ、何かを極めて人から求められる素人を目指します。

 

 

 

↑↑↑ぼくが頼りにしているブログ運営の教科書。

これ1冊で基本的なブログの運用ができるようになりますよー。

 

3 件のコメント

  • 同感。
    プロになったが故の制約で、伸び悩んだり、
    思っていた方向に行けなかった….
    みたいなこともある気がする。

    • 特にIT系の人でwebデザインとかできる人で、収入のためにwebの仕事ばっかりやって、やりたいことやれんかった風の人とか、多そう。

      • そういう人が自分の作品をつくって発表することであらたな活躍の場を得るというパターンがそこらじゅうにあり、ぜんぜん夢物語でないところがドリームです。

        発表し続けることが条件ですけどね。ある意味でたいへん、別の方向からみたらぜんぜん軽い条件じゃないですかこれ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です