Huawei P20 LIte。いきなり便利だった機能を4つ紹介するよ

アイキャッチ
SPONSORED LINK

 

こんにちは。カトー(@hisayosky)です。

今回はHuaweiのミドルレンジスマホ「P20 Lite」の機能面についてファーストレビューします。

 

購入してまだ3日しか経っていませんが、「こんな機能あるの!」と驚いています。

心から「買ってよかった」と言えますが、実は個人的に残念なところもありました

そのあたりも含めましてレビューしていきます。

ではいってみましょう。

 

SPONSORED LINK

いきなり便利だった機能

データの移行がほぼ自動でできる

データを動かすPC

◇自動でできるところ

けん子

スマホ変えたいけれど、データの移行がめんどくさいのよねぇ・・・

と思ったりしませんか?

 

P20 Liteではデータ移行がほぼ自動でできます

操作は基本P20Liteの指示通りにやればOKです。初期設定をしているうちに自然と終わる仕組みになっています。

 

ポイントは「Phone Clone」というアプリを使うことだけです。

  1. P20 Liteの指示が出たら、旧スマホに「Phone Clone」をインストール
  2. P20 Liteに表示されたQRコードを旧スマホで読み取る

 

これで自動的にデータの移行が始まります。

画像付きで詳しい説明が見たい方はファーウエイの公式ページでどうぞ。

 

移行されるのは

  • アプリ
  • 画像などのデータ

 

です。

どういうわけか一部失われた写真があったりしたので、心配な方はバックアップをとってから実行した方がいいですね。

 

◇手動でするところ

自動で移行できなかったのは、

  • ログインIDとパスワード
  • メモ帳(外部アプリ)の内容

 

です。

これらは手動で一つ一つやるしかありません。セキュリティに関わることですから仕方ありませんね。

 

注意すべきはLINEです。

  1. 旧スマホからのアカウント引き継ぎ
  2. トーク履歴の移行

 

が必要です。

 

やり方は「【完全保存版】絶対失敗しない!機種変更時にLINEを引き継ぐ方法と注意点。」に画像付きで解説があります。

いっぱい書いてありますが、

機種変更前にやらなければならないことは2つ」という項目がありますので、そこから見ていけばOKです。

 

顔認証の精度がすばらしい

女性の正面顔

P20 Liteの顔認証は眼鏡をかけていても秒速で認証してくれます! しかも失敗がほとんどありません。

 

以前WindowsのPCで顔認証した時は眼鏡をかけているとダメでした。

これだと顔認証のたびに眼鏡を取らなければならず、かえって面倒だったりします。

 

P20 Liteで顔認証を設定するときは「眼鏡なし」でやりましょう。

それでも眼鏡をかけた顔を認証してくれます。地味ですが、ほんとすばらしい!

 

スマートアシストが超便利

スマートアシスト

P20 Liteには「スマートアシスト」という機能があります。

 

例えばスマホをひょいっと持ち上げるだけで「スリープ解除」「顔認証」が秒速で行われます

スリープ解除のために電源ボタンを押したり、ロック解除のために画面をこすったりしなくてよいのです。

 

スマホ

寝ているスマホを

スマホ

起こすだけ!

これ、めちゃ便利です。

持ち上げるだけ起動してくれるので、30秒でスリープになってもスリープしていなかったかのように使えます。節電にもなりますね。

 

あと個人的によかったのは、「三本指で画面をスワイプするとスクショが撮れる」機能。

スクショ機能

ブログやツイッターに載せる画像をよくスクショするのですが、旧スマホは「電源と音量小のボタンを同時に押す」方式だったのでよく失敗していました。

 

これらの設定はとても簡単にできます。

設定スマートアシストモーションコントロール

とタップしていくと

こんな画面になりますので、あとは必要な機能をONにするだけ。

スマホを耳に近づけるだけで電話に出られる」なんて機能もあります。ほんと、すごいとしか言いようがない。

 

無理なく節電できる機能がついている

充電するスマホ

スマホを買ったら「まず節電!」と考えるぼくは、今までひたすらいい設定方法をググっていました。

でもP20 Liteなら、はじめからある節電の設定をONにするだけでOKです。

 

スマホ画面

盾のマークのアプリから入って「電池残量」をタップ。

 

節電モードの画面

 

あとはこちらの画面で

  • 「省電力モード」をON
  • 「画面の解像度」で「スマート解像度」をON

 

基本的にはこれだけやっておけばいいでしょう。

 

さらに、スマホを使わない時間帯は電源をOFF、使う時間帯になったらONを自動的にやってくれる機能もあります。

自動電源ON/OFF画面

こちらも設定は超簡単。

設定スマートアシスト電源ON /OFFタイマー

を選んで、時間を設定するだけです。

ぼくはスマホの使いすぎを防ぐ意味でも設定しています(-_-;)

 

基本的だけど素晴らしかったところ

動作がとにかく早い

ミーアキャット

サクサク動く」という言葉通りです。全てのアプリがさっと立ち上がってくれます。

 

あと写真の読み込みが早いです。旧スマホはなかなか写真が読み込まれず、スクロールに追いついていませんでした。

P20 Liteはじゃんじゃん写真がスクロールできます。

 

電池がもつ!

1日で50%の電池消費でした。

ぼくは必要な時だけネットに繋いで使っています。電話は使っていません。動画も見ていませんので使い方はライトな方です。

 

電池残量の減り方を見ていても「減るの遅いなぁ」と実感します。

使い方によりますが、電池はもつ方だと思っていいんじゃないでしょうか。

 

画面がきれい

旧スマホとの比較ですが、めちゃきれいです。

きれいなので明るさをかなり落としても画面が見えます。地味に節電効果にもなっています。

 

通常使用で熱くならない

いまのところ機体が熱くなったのは、初期設定の時だけです。

ブラウジングで使用している限りでは、カメラ周辺が穏やかに温かくなる程度です。

負荷次第でしょうが発熱はかなり少ないですね。

 

画面が広くて見やすい

スマホケース

ベゼルが狭くて機体のわりに画面が大きいです(5.84インチ)。

このくらい画面が大きいと漫画を読んでも苦になりません

 

唯一残念だったところ

唯一まさかだったのは「アイビスペイントの画面上のメニューが広告で隠れてしまう」ことです。

 

アイビスペイントのメニュー

こんなふうになります。アイビスペイントでイラストを描く身としては困りますが、ほとんどの方には影響ありません。

 

対策としては2つあります。

まず「広告を非表示にするヴィジェットを購入する」という方法です。700円くらいで買えます。

もうひとつは「このまま使う」です。

 

ぼくはアイビスペイントに慣れているので、上のメニューが見えなくてもどこに何があるのかわかります。

やってみたら、タップミスもほとんどないことがわかりました。

ですので慣れれば問題ないレベルかと。このまま様子を見ることにします。

🔶関連記事
お絵描き講座不要。3つのイラストでアイビスペイントの使い方を習得する方法

 

まとめ:P20 Liteの「3日でわかる便利な機能」を紹介しました。とにかくスムーズに使える工夫がすごかった!

  • データ移行がほぼ自動!
  • 持ち上げただけでスリープ解除!
  • 三本指スライドでスクショが撮れる!
  • 電池は2日もつ!(個人差があります)
  • アイビスペイントだけ残念!

 

▼最後まで読んでくれたあなたにおすすめの記事
ぼくがHuawei P20 Liteを購入した理由。ケースと保護フィルムもよかったので紹介します

 




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です