「同じ仕事の繰り返し」だといつまでも人生がイージーにならない理由

アイキャッチ
SPONSORED LINK

 

こんにちは。カトー(@hisayosky)です。

 

けん子

仕事って毎日同じことの繰り返しが当たり前よねぇ・・・

と思っていませんか?

 

会社員時代のぼくは月曜日から金曜日まで同じことを繰り返すのがまっとうな働き方だと思っていました。

もちろんこれも働き方のひとつです。しかし、同じ仕事を繰り返していると働き方もずっと変わりません

 

いっぽうで生活の仕方は変わっていきます。

変わっていく生活にあわせて働けるようにするなら「明日につながる仕事」をするべきです。

「明日につながる仕事」とは、「働き方が好ましい方に変えられる仕事」のことです。

 

ぼくは今年の3月まで病院職員でした。

現在は在宅ワークをしており、デザイン、プログラミング、ブログを仕事にしています。

現在の仕事は病院職員のときより没頭でき、不労所得を作ることもできます。人間関係を選ぶこともできます(退職のきっかけは人間関係です)。

その意味では確実に好ましい方向に働き方が変わってきています。

 

この経験をふまえて、今回は「同じ仕事の繰り返しだと人生がイージーにならない理由」について解説します。

ではいってみましょう。

 

SPONSORED LINK

「仕事は毎日同じが当たり前」だとだんだん苦しくなってくる

寝ている女

いまの仕事がこれからもずっとできるとは限りません。

事故や病気がなかったとしても、生きている限りライフステージは確実に変わっていきます。

 

働き方がずっと同じなら「自分の暮らしを仕事に合わせる」ことになります。

がんばればできるかもしれません。実際がんばって仕事と暮らしを両立させている方は大勢います。しかし、無理ができなくなったら仕事は終わりです。

 

そうなるまえに働き方を望ましい方向に変えていく準備をしていたらどうでしょうか。働き方を暮らしに合わせて選ぶことができるようになります。

 

会社員時代、「明日につながる仕事」がやれていなかった

「明日につながる仕事」とは、「将来、働き方をよい方向に変える可能性のある仕事」です。

 

緊急度重要度マトリックス

出典:時間管理術研究所

「緊急度・重要度マトリックス」で見ると、Bの「緊急ではないが重要」が「明日につながる仕事」に当たります。

 

ここで質問です。あなたの仕事にはどのくらい「緊急ではないが重要」な仕事が含まれていますか?

 

会社員時代のぼくは、Aの「緊急かつ重要」もしくはCの「緊急かつ重要ではない」仕事ばかりをしていました

その結果、働き方はずっと変わらず、「会社を辞めたら生きていけない!」思考が身についてしまっていました。

会社員を続けていたらいまも同じ仕事を繰り返し、将来のどこかでたちゆかなくなっていたでしょう。

 

いまからでも始められる「明日につながる仕事」ってなに?

踊る女

「明日につながる仕事」とは、

  • 学習
  • 仕組みづくり

 

の2つです。

学習により、いままでのスキルを向上させたりまったく新しいスキルを獲得できたりします。

ぼくの場合

  • プログラミング
  • デザイン
  • ブログ

 

はいずれもこれに当てはまります。

とくにプログラミングは2ヶ月でゼロから実務レベルの能力を身につけましたので、働き方が急激に変わりましたね。

🔶関連記事
iSaraの事前学習。プログラミングは40日でどこまできるのか報告します【学習のコツもあり】

 

仕組みづくりは言い換えると「作業を自動化すること」です。

ぼくの場合は、

  • 価格表を作る
  • お仕事依頼ページを作る
  • ブログ広告の適正化

 

が仕組みづくりにあたります。

 

価格表を作れば、自分のかわりに営業パートナーに営業をお願いすることができます。

お仕事依頼ページを作れば、自分のかわりにブログが24時間営業をしてくれます。

ブログ広告を適正化すれば、自分がなにもしていなくても自動的に収益が発生します。

いずれも一度やっておけばあとは放っておいていいわけです。

 

なにもないなら「学習」からでOK

デスク

仕組みづくりはすでにあるものを自動化する行為なので、はじめはできないかもしれません。

ですので「明日につながる仕事」として最初にするなら「学習」をおすすめします

 

学習する対象は好きなことでいいです。仕事につながるかどうかより、続けられるかどうかのほうが重要です。続けられるならいずれ仕事につながる道が拓けます。

 

勉強の方法としてはまず本が思い浮かびますが、最近はオンライン教材も優秀です。

ぼくもプログラミングはすべてオンライン教材で学習しました。実務レベルに到達するまでにプログラミング関連の本は1冊も買っていません。

参考までにぼくが使用したオンライン教材をのせておきます。

◇Progate

プロゲート

プログラミングの基礎知識はここで学べる。ゲーム感覚でレベルを上げていく方式なので挫折しにくい。

無料でもできるがレッスンが非常に限られるので、有料プラン(月額980円)がおすすめ。

 >>Progateはこちら

 

◇ドットインストール

ドットインストール

3分動画でマスターするプログラミング学習サイト。基礎から実務レベルまで広い範囲で教材が用意されている。

すべて見るには月額980円のプレミアム会員になる必要がある。無料でも見られる動画がかなりあるので、無料で様子を見てから有料に切り替えでよい。

>>ドットインストールはこちら

 

◇Udemy

udemy

プログラミングだけでなくビジネススキル、デザインから語学まで幅広い分野の動画教材が用意されている。

有料だが買い切り。一本20000円する講座もあるがセール時に購入すれば2000円足らず。本1冊と変わらない値段で購入可能。

ちなみに本日(2018年8月16日)はセールやってます。

>>Udemyはこちら

 

まとめ:「同じ仕事繰り返してるな・・・」と思ったら、「明日につながる仕事」はないか探してみよう

  • ライフスタイルは変わっていく。今と同じ働き方がずっとできるとは考えにくい
  • 明日につながる仕事ができていないなら、同じ仕事を繰り返すだけになる
  • 「学習」は明日につながるし、手軽に始められる
  • 好きなことを学習でOK。続くなら仕事にできる

 

▼最後まで読んでくれたあなたにおすすめの記事
環境は会社が8割。会社を辞めずに環境を変えるならポイントを3つに分けては?




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です