会社員でいるうちに投資スキルを身につけておく意味を整理してみました

 

リトルカトー
投資ってする意味ある?

ちゃんと会社で給料もらっているんだし、お金を減らすかもしれないでしょ?

投資なんてわざわざしなくてもいいんじゃないの?

 

 

こんにちは。カトー(@hisayosky)です。

 

みなさんは投資をしていますか?

投資といってもいろいろありますが、「お金にお金を生ませるスキル」と考えていただければいいでしょう。株、投資信託、為替取引などが一般的ですね。

 

投資にはリスクがあります。投資したお金を減らすかもしれないリスクです。

 

ケン子
減るかもしれないならやらないわ。だってわたしは堅実だから

 

という人がぼくのまわりには多いです。

かじっている程度に投資をしている人もいます。あくまで収入の補助的な手段としてですね。

 

でも本当は投資スキルこそ会社で働いているうちに身につけておくべきです。

じつはぼくが退職に踏み切れたのはいくらかの投資スキルが身についていたからです。

 

投資スキルは会社で働きながらでもリスクをコントロールしつつ身につけられるものです。

いつどんな理由で会社で働けなくなるかわかりません。投資スキルが身についていれば会社を辞めるときの不安な気持ちはずいぶん小さくできます。

 

投資スキルは辞めなくても使えるし、辞めるときにはいっそうありがたい力となります。

 

だから身につけておいたほうがいいよって話をします。

 

 

投資スキルを身につけておくべき3つの理由

①会社勤めしながらでもできる

投資は極論すれば売って買うだけの行為です。しかもお客さんがいません。やることがシンプルで相手もいないため時間をかけずにすることできます。

一番時間がかかるのは勉強ですが勉強なら働きながらでも無理なくできます。

 

副業として新しいビジネスを始める手もありますが、勉強するのはもちろん起業してからも一定の時間を使わなくてはなりません。会社勤めしながらするのは負担が大きいと言わざるを得ません。

 

②給料の大幅アップは期待できない

投資スキルがあれば「お金を得る→使う」のループから抜け出して、「お金を得る→増やす→使う」の循環に入ることができます。給料アップが期待できなくても自分で増やせれば問題ありません。

 

ぼくの会社の場合ですが、給料はどのようにあがっていくのかが一覧表になっています。どんなにいい仕事をしたとしてもおおむね表のとおりでしか給料のアップは期待できないのです。

 

ぼくのまわりには結婚して家を買う人が多いです。結婚したらほぼ全員家を買うといってもいいくらいです。家は一括で買えませんから当然ローンを組みます。ローンは30年ほどかけて返すはずです。

 

30年の間に給料がどーんアップすることがあれば「30年ローンが20年で終わったよ」なんて人も出るでしょうが、そんな人には会ったことがありません。

 

給料の大幅アップが期待できない中で大きな買い物をしてしまうと、会社をいっそう離れられなくなります。「ローンがあるから」働き続けなければならないリスクを背負うことになります。

 

投資スキルがあればローンのために働くリスクを減らすことができます。自分を会社に縛り付けておかなくてよいのです。

 

 

③会社を離れる選択肢が生まれる

ぼくが会社を辞めたくてもなかなか決断できなかった最大の理由は「生活があるから」でした。

「生活がある」という言い方をすればもっともらしく聞こえますが、ようは「お金が心配だった」のです。

 

会社勤めをしているほとんどの人は会社以外に自分で収入を得る手段をもっていません。

 

会社を辞めて収入がゼロになるのは精神的にも厳しいです。しかしいくらかでも収入があれば気持ちに余裕が出てきます。追いつめられて再就職ってことにもなりにくいはずです。

 

ならば会社勤めをしているうちに収入を得られる手段を構築しておけばいい。投資スキルなら会社勤めをしていても比較的負担をかけずに身につけられます。

 

 

投資スキルは現状を打破する強力な武器になる

キャッシュフロー・クワドラントを理解する

お金にお金を生ませる方法をマスターすれば、毎朝起きて仕事に行かなくてもよくなる。これはクワドラントから収入を得ることにともなう利点の一つだ

これはロバート・キヨサキ&シャロン・レクター著「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」からの引用です。

 

Amazon

楽天市場

 

 

この本のタイトルにもなっているキャッシュフロー・クワドラントとは何か?

これです。簡単に解説します。

E:従業員。雇われて働いている。

S:自営業者。自営している。

B:ビジネスオーナー。自分のために働いてくれるビジネスシステムと従業員をもっている。

I:投資家。お金が自分のために働いてくれる。

 

わたしたちはこの4つのクワドラントの少なくとも一つに属しています。たとえばぼくは現在「E」と「I」です。

 

就活という言葉が定着していることからもわかるように学校を出ると就職して左側のクワドラント(とくにE)に入るのが一般的です(ぼくはEしかあり得ないと思っていた)。

 

しかし仕事の安定から一歩進んでより大きな経済的安定を達成するには右側のクワドラントに入らなければなりません。

 

いったん左側のクワドラントに入ってしまうと、右側に移るのがとてもたいへんです。独立起業するのに勇気がいることからもその壁の高さを想像できます。

 

 

クワドラントの右側に移るにはどうする?

右側に移ることを考えたとき、移るのが簡単なのは「B」と「I」のどちらでしょうか。

ぼくは「I」であると考えています(人によっては「B」かもしれない)。なぜなら

 

  • 少額の資金があればよい
  • PCあるいはスマホがあれば設備投資はほぼゼロ
  • 本やネットでやり方を学べる(ただし大量の練習が必要)

 

という点でBより始めるハードルが低いからです。

 

 

「I」で右側に移ったらどうなるか?

収入源をキャッシュフロー・クワドラントに当てはめて考えると従業員の多くはこのようになります。

給料が十分に多ければいいですが、少なかったり減ったりしたら心許ない配分です。

 

「I」にも所属するようになるとたとえばこうなります。

れなら労働による収入が減ったとしてもIでカバーすることが可能です。収入がなかったとしても貯蓄があればIで収入を生み出すことができます。

左側にだけ所属していたときにくらべてあきらかに安定感が増しますよね。

 

「I」に足場を作っておけば、収入を確保しつつ「B」や「S」への移動を模索することができるようになります。なにもないよりは独立起業などの挑戦がしやすくなります。

 

 

それでも投資に抵抗がある人へ


タクスズキさん(@TwinTKchan)のツイートより「1.01の法則」をご紹介します。

こつこつ努力すればやがて(想像以上に)大きな力となりますが、逆に少しずつさぼればやがて(びっくりするくらい)力がなくなります。

だから少しずつでいいと思います。とにかくはじめて続けるだけです。

 

はじめるにしてもまずは勉強からとなるわけですが、投資関係の本は当たり外れが大きいです。いままで読んだ本はよくなかったものが圧倒的に多かったです。

いい本にめぐりあうための時間は節約できます。現在ぼくにとってのバイブルとなっている本を最後に紹介しておきます。参考になれば幸いです。

 

Amazon

楽天市場

 

 

「株式」と書いてありますがどんな投資にも使える技が紹介されています。

ちまたに出回っている本とくらべるとおそろしく地味ですが大切なことがきちんと書いてあります。

大切なこととは

  1. 考え方
  2. 道具
  3. 練習の仕方

です。練習について書かれた本はめったにありません。練習こそが投資スキルを身に付けるための肝なんですけどね。

 

まとめ

  • 安定収入があったとしても投資スキルは磨いておいたほうがいいよ。
  • 投資スキルは会社を辞めても辞めなくても使えるよ。
  • 投資スキルは会社勤めをしていても身に付けられるよ。
  • 投資にはリスクがあるけれど投資という行為自体はリスク回避の働きがあるよ。
  • いま自分がクワドラントのどこに所属していて今後どこに移っていきたいか考えてみよう。

 

Amazon

楽天市場

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です