DIYで小屋を作る。このたび組み上げてみて伝統工法のすごさを思い知った

The following two tabs change content below.
まさかの退職をきっかけに「自分の人生の舵は自分でにぎらなくてどうする」と気づき「かじとりズム」はじめました。稼ぐチカラをつけて、人生をコントロールしよう。

木と土で小屋作りワークショップに参加しています。

11月3、4日はワークショップの3回目。刻み作業(材木を切ったり穴をあけたりすること)の仕上げでした。

 

作業は順調に進んで2日目の最後には小屋の骨組みを組み上げるところまでいきました。

そのときの模様を作業のコツも交えつつお伝えします。

 

今回も教えてくれるのはこのお二方

大工の中沢さん

中沢さん
朝、パトラッシュ見て泣いちゃった〜

建築士の名里さん

名里さん
嫁さんがぎっくり腰になっちゃった〜

でーす。

 

 

今回ぼくがつくったもの

柱と梁(はり)を担当しました。

柱は途中までできてます。梁は墨付けまで終わっています。

ほかの参加者はそれぞれちがう箇所の部品を作っています。

 

柱をつくる

前回、柱を途中まで作りました。あとは穴を3つあけるだけ。

この穴は「ぬき」を通すための穴です。

穴にぬきを入れたところ。

上の写真のように柱と柱の間にわたす材木を「ぬき」といいます。構造を強くするために入れます。

 

 

では穴をあけていきます。手順は以下のとおりです。

1.のみ立てをする

①②③④⑤の順で軽くのみを入れます。写真ではもうのみが入っています。

これをやっておくとドリルで穴をあけたときに穴のまわりが傷つきません(やらないとバキッとはがれたりする)。

 

2.ドリルで穴をあける

①②③④⑤⑥⑦の順で穴をあけていきます。まず両端をあけてあとは順番に中を削ります。

穴は材木の表と裏から半分ずつ削って貫通させます。一方向から一気に貫通させるとバキッと穴のまわりの木材がはがれて血の気がひきます。くれぐれも欲張らないことです。

【今日のワンポイント】

上の写真のように背割れのある材木はドリルの位置が定まらず回転の勢いで吹っ飛ばされます。
そんなときはスイッチをちょいちょい押してドリルを低速で回しながら削りましょう。
ある程度削れたらフルパワーでがーっと削ります。

 

3.のみで穴を削る

のみで木を削るコツは「欲張らない」ことです。

 

のみはカンナに似ています。

カンナは木を薄く削りますよね。厚く削ろうとすれば刃が木に食い込んでしまってびくとも動きません。

のみも同じです。少しずつ削れば案外簡単に入っていくものです。

のみのあて方のよしあしは音を聞いていてもわかります。

かなづちでのみを叩いたときに「カツカツ」軽い音がするならOK。

「コンコン」と響くような芯のある音がしたら力が跳ね返ってきているのでダメ。のみを木に打ち込んでいるようなものです。

力づくでがんがんいくとのみが突き刺さって抜けなくなります。力を使ったらだめってことですね。

表と裏の両側から少しずつ削り、削った面をきれいに整えたら完成。

 

以上の工程を3回繰り返しまして、

じゃーん

これで柱ができました。

 

 

梁(はり)をつくる

この部分をつくります。

 

これが完成図。形が複雑でけっこう技がいります。

 

屋根を受けるところ

この7カ所を削ります。

 

まずのこぎりを斜めにいれまして

のみ立てしてからのみを入れていきます。

 

このときは削ると言うより割るイメージで大胆に、ばりばりと木をはがしていきます。

 

おおざっぱに勾配ができたらのみを裏返しにあてて木目に沿って削っていきます。ここはかなづちを使わず手で押して削ります。ちなみに表のままであてるとまったく削れません。

これで完成。

以上の作業を5回繰り返します。

見たまえ、この仕上がりを。美しいじゃないか。

 

渡り顎

「みずしまの家」より転載

梁と梁ががっちりかみ合う部分を「渡り顎(わたりあご)」といいます。これを削ります。

>>>【参考】「みずしまの家」 伝統的な木材の継ぎ足し方が紹介されている。

今度はこっちを削ります。

 

やり方はいままでと同じ。

①のこぎりを入れる

②のみを入れて木を大胆に削る

③おおまかに削れたら木目に沿ってきれいに削る。

これが

こうなる。

 

 

仕上げ

ほぞ穴

くさびが入れられるようにほぞ穴の出口を気持ち大きく削っておきます。いまのみを入れている辺とその反対側の辺を削ります。

 

刺さっているのがくさび。

くさびを入れるのは組み上げたときほぞが抜けないようにするためです。

 

面取り

面取りとは角をとること。

写真は渡り顎ですが、柱の角もほぞの角ものみやカンナを使って削っていきます。

こうするとほぞは入れやすくなります。柱は角が取れるので安全かつ美しい仕上がりとなります。

これで各パーツが完成しました。

 

 

組み上げてみました

刻みがすべて終わったので

中沢さん
じゃ、組んじゃいますか

となりました。

はたして小屋はもくろみどおり形になるのか。

 

下から組んでいきます。

ポイントは材木の両端を同じくらいずつ同時に木槌で叩いて入れていくこと。

片方を先に入れるともう片方が入らなくなります。

 

組み上がったら柱を立てます。

すばらしい。ちゃんと入った。

 

 

脚立を利用して梁と屋根を支える部分を組んでいきます。

これに屋根になる材木をのせます。今日は1本だけです。

 

 

じゃーん。

完成〜!

 

 

 

 

 

 

 

みんなで小屋をつくるってたのしいですよ。

テンションあがって間取りを考え始める人たち↑。

気持ちはよくわかります。

 

 

今日の小屋作りのまとめ

「チェスト123」より転載。

いや〜小屋作りって、ほんっとすばらしいですね。ではまた。

>>>【参考】チェスト123 森田伸さんの絵描きブログ

 

次回(12月2、3日)、小屋作りはいよいよ最終回。

壁も屋根も一気に作るんだってよ! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です