地道なWeb系フリーランス。2019年の目標は「現状維持」です

アイキャッチ
SPONSORED LINK

 

こんにちは。カトヒサ(@hisayosky)です。

 

今回は2019年の目標について書こうと思います。

2019年の目標はズバリ「現状維持」です。

 

けん子

ちょっとちょっと!

いくら何でも消極的すぎじゃない?

まだちゃんと稼げてないのに、現状維持してたらダメじゃないのよー!!

 

「現状維持」とはいいながら、今のままでよしと考えているわけではありません。

現状を維持するのも成長につながる道なんですよ。2018年に手応えがあったから言えるんですけど。

その辺りを詳しく解説していきます。

ではいってみましょう。

 

SPONSORED LINK

スポンサードサーチ

今のレベルを維持するのはダメです

2019年の目標は「現状維持」です。

これは「今のレベルを維持する」という意味ではありません。

グラフ

「点」で見ると現在いるのはこの赤い点のあたりです。

フリーランスを始めて半年経って案件は少しずついただけるようになってきました。

しかし十分に稼げているわけではありませんから、ここに居続けても仕方がありません。

したがって維持するのは「今のレベル」ではありません。

 

維持すべきなのは「姿勢」

グラフ

2018年は4月に無職になって、あてのないところから「Web系フリーランス」まで来ました。

自分なりに考えて行動してきた結果です。行動してきた姿勢は比較的一貫していたと思います。

 

グラフでいえば赤い線に「傾き」ができたことが重要なわけで、これが「姿勢」に当たります。

維持したいのはこの「姿勢」です。同じ姿勢が維持できるのであれば 2019年もフリーランスとしての力は伸ばせるでしょう。

 

自分を追い込んで成長していくやり方もありますが、ぼくにはつらい。

歩いている道の傾きが大きくなれば加速は勝手についていくでしょうし、その方が無理がない。

成長の傾きは無理に大きくしなくても、維持し続けることで徐々に大きくなっていくはずです。

 

なので2019年は今までどおり「先月より少しでも前に」の姿勢を維持して行けるところまで 行きます

幸い案件はちらほらあるので、ごりごり仕事を取るより先に目の前の案件をしっかりやります。

 

スポンサードサーチ

2019年はフリーランスとしてやっていけるかどうかが問われる年

朝日が昇る

2019年はフリーランスとしてやっていけそうか問われる年になると思います。

やり方は大まかにわかったわけですから、あとは自分がどのくらい動けるかにかかっています。

フリーランスの向き不向きもはっきりわかるんじゃないでしょうか。

 

この一年で会社員時代と同等もしくは それを超えるくらいの 収入が得られる目処を立てます

そのくらいできれば「フリーランスとしてやっていける」と掛け値なしに思えるんじゃないかと思っています。

 

2019年の自分に期待すること

砂浜にYESと書かれている

Web・デザイン案件はある程度受けられる力をつけますが、それ以外に「自分のサービス」も作れないかと考えています。

 

いまのところ具体的なイメージもサービスを作り出す技術もありません。

ただ、フリーでやっていくなら必要なことと考えています。制作だけだとクライアント依存になってしまいそうなので。

 

じつを言うとこの手の予想は往々にして外れるのですが、外れた後の展開にも期待しています。動いていればどこかにはたどり着けますので、それでいいです。

 

スポンサードサーチ

2019年にむけてまとめ

2019年も比べず盛らずおもしろがってやっていきます。

良いお年を お迎えください。

 

▼最後まで読んでくれたあなたにおすすめの記事
無職から駆け出しフリーランスへ。2018年にやってよかった10個のこと




当サイトは「STORK」を使用しています

関連記事