アイビスペイントの超基本的な使い方。これだけでとりあえずイラスト描けます

こんにちは。カトー(@hisayosky )です。

 

ぼくはイラストを描きます。このブログに使っているアイキャッチのイラストも自分で描いています。

アイキャッチ画像

 

イラストを描くときに使っているのは「アイビスペイント」というアプリです。

 

アイビスペイントは無料のアプリですが無料とは思えないほど高機能です。高機能でありながら直感的に使えるのがアイビスペイントのすごいところです。

 

とはいえ、お絵描きアプリに慣れていないとどうやって使ったらいいのか戸惑うと思います。

そこで今日は超がつくほど基本的なアイビスペイントの使い方を解説します。

 

この記事を読めば以下のことができるようになります。

  • キャンバスを出す
  • 円を描く
  • 色を変える
  • 色を塗る
  • 保存する

 

これだけできれば十分イラストが描けますよ。

ペンも必要ありません。指で十分です。

ではさっそくいってみましょう。

 

アイビスペイントのアプリはあらかじめインストールしておいてください

実際に描きながら読んだほうが理解しやすいです。描かなければ絵はじょうずになりません。

下のリンクからすぐインストールできます。

アイビスペイントX
アイビスペイントX
開発元:ibis inc.
無料
posted withアプリーチ
この記事ではアンドロイド版のアイビスペイントを使用しています。iPhone版と若干違うところはありますが基本は同じです。安心して読み進めてください。

 

アイビスペイントの使い方

キャンバスを出す

キャンバスすなわち絵を描くところですね。

アイビストップ画面

アプリを起動したら「マイギャラリー」をタップします。

 

キャンバスを出す画面

左下の「+」をタップします。

 

キャンバス大きさ

キャンバスの大きさを決めます。

今回は「1:1 768×768」を選びます。リサイズなしでブログに使える大きさです。

 

キャンバス

これでキャンバスができました。

 

円を描く

ペン選択

赤枠のところが「ペン」のときは線が描けます。はじめは自動でペンになっているはずです。

 

〇

この状態で線が描けます。上のように円を描いてみましょう。

 

太さ調整スライダー

次は線を細くしてみます。赤枠のスライダを動かすと線の太さが変えられます。

細かく調節したいときは両端の「+」「-」をタップすればOKです。

 

細い線の円

細い線で円が描けました。

 

【間違えちゃったときは?】

☑まえに戻る

戻るアイコン

画面左上の矢印をタップすれば前に戻れます。タップし続けるとずっと戻り続けます。

 

☑消しゴムで消す

消しゴム

左下のペンと消しゴムのアイコンをタップするとペンと消しゴムが切り替わります。

画像は消しゴムの状態です。

真ん中の緑の四角に赤い斜線が入っているのは「いま消しゴムなので色が塗れません」という意味です。

 

色を変える

色選択アイコン

色を変えるときは赤枠の箇所をタップします。

 

色選択画面

上の円と四角のところにそれぞれひとつずつグレーの小さな〇があります。これを動かして色を選択します。

外側の〇でおおざっぱに色を変えて、内側の〇で色の感じを変えます。適当に動かしてみてください。

 

色選択画面

①が選択した色です。色が決まったら②をタップしてキャンバスに戻ります。

 

色違いの円

これで色違いの円が描けるようになりました。

 

【線がうまくつながらないときは?】

線を消す

①一番左の切り替えアイコンで消しゴムを出します。

②うまくつながらなかった箇所を消します。小さく消した方がつなぎやすいです。

 

線、拡大

画面上で指2本をぐいっと広げて拡大します。大きくすると線がつなぎやすくなります。

 

つなげました

線を描いてつなぎます。きれいにつながりました。

 

今回は指で描きましたが専用のペンがあったほうが断然描きやすいです。1000円程度なのでイラストを描き続けるならもっておいて損はないかと思います。

ぼくが使っているものを下に紹介しておきます。100円ショップにも似たものがあるそうなので使いやすいものを選べばよいでしょう。

 

 

色を塗る

レイヤーを出す

赤枠の「1」をタップします。

 

レイヤー追加

赤枠の「+」をタップすると新しくレイヤーが出ます。

 

新規レイヤー

レイヤーが出たらドラックして円の描いてあるレイヤーの下に持ってきます。

 

上の画像では「1」のレイヤーが青くなっています。青くなっているのは操作できるという意味です。

もし「2」のレイヤーが青い状態で色を塗ると、線と同じレイヤーに色がついてしまいます。

線と色は分けておいた方が修正するとき便利です。

 

元に戻す

赤枠の箇所をタップしてキャンバスに戻ります。

 

色をつける

①をタップすると上にメニューがでます。②の「塗りつぶし」をタップします。

あとは円の中をタップすれば色がつきます。

 

【円の外まで色がついてしまったら?】

どこかに「穴」があるはずです。穴をふさいでから色を塗りましょう。

 

スポイト

「さっき使ったのと同じ色が使いたい」という場合は、メニューから「スポイト」を選びます。

 

円の拡大

使いたい色の箇所をタップすれば色が取れます。

画像には出ていませんが、タップする際には虫眼鏡が出て色を確認できます。今回は線の緑を取りました。

 

細い線から色を取る場合は、十分に拡大して境界にかからないようにしてから色を取りましょう。境界線にかかると色が薄くなります。

 

 

色違いの円

色が取れたらふたたびメニューから「塗りつぶし」を選択し、塗りたいところをタップすれば色が塗れます。

 

保存する

 

保存

赤枠の矢印をタップすれば描いたものが保存できます。

 

再編集

いったん保存したものを再度編集するときは、①編集したいものを選択し、②「編集」をタップします。

 

画像にする

①をタップすると画像のようなメニューが出ます。PNGに変換するときは②をタップします。ブログに使うならJPEGでもよいです。

こちらのメニューから作品の複製もできます。

 

あとはアイビスペイントでどんどん描いてください

ネコ

以上の操作ができればこんなイラストは余裕で描けます。あとはどんどん描くだけです。

家のアイコン

なおこんな感じのほのぼのアイコンの描き方も下の記事にまとめてあります。

はっきりいって絵のうまい下手は関係ないです。読みながら進めればアイコンが作れます。

◆アイビスペイントでアイコンを作りたい!
>>【アイビスペイント】初心者でも簡単にできるほのぼのアイコンの作り方。

 

まとめ:円が描けて色が塗れて保存できれば基本的な使い方はOK。アイビスペイントでイラストが描けます

  • 円がきれいに描ければ線画は描けるよ
  • レイヤーが使えれば色塗りもできるよ
  • これだけでカトーレベルのイラストは描けちゃうよ

 

◆アイビスペイントの使い方をもっとくわしく知りたい!
>>アイビスペイントの使い方。アイキャッチ画像作りに使える機能を紹介します

>>アイビスペイント。おすすめのペンをタイプ別で比較してみました

◆中級者向き。アイビスペイントでいろんなアイコンを作る方法
>>アイビスペイントでコーヒーカップのアイコンを描く方法【画像27枚】

>>アイビスペイントでかんたんに星のアイコンを作る方法【センス不要】

んな記事も読まれています
>>【名古屋】格安ホテルが規格外にラグジュアリーだったので紹介します

>>「冷蔵庫なし生活」が不安ならとりあえず読め。電源抜いたら冷蔵庫は超便利になる

 

アイビスペイントX
アイビスペイントX
開発元:ibis inc.
無料
posted withアプリーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です