クアラルンプールのチャイナタウンでコピーのロレックスを買う方法

アイキャッチ
SPONSORED LINK

 

 

こんにちは。カトヒサです。

今回はマレーシア、クアラルンプールのチャイナタウンでロレックスのコピーを上手に買う方法を解説します。

 

コピーとはいえチャイナタウンのロレックスは非常によくできています。

単純に腕時計として楽しめますし、おみやげでもらっても十分うれしいものです。

 

今回お伝えするのは、中華系マレーシア人の友人が実際にチャイナタウンで使っていた方法です。

最終的に300リンギットが150リンギット(5000円くらい)になりました。

マレーシアでなくても、海外で値段交渉する際には使えると思いますよ。

ではいってみましょう。

 

SPONSORED LINK

前提「買うのはあくまでコピーです」

腕時計を見る人

ロレックスデイトナの本物は300万円くらいします。

そんなものがチャイナタウンの露店に売っているわけはありませんよね。

あくまで「よくできたコピーを買う」つもりでいきましょう。

本物を買うつもりでいくと、100%騙されますのでご注意を。

 

チャイナタウンにおけるコピーロレックスの買い方

チャイナタウン

①開店直後を狙い撃ち

チャイナタウン

KLのチャイナタウンは18時頃から本格的に店が出始めます。この開店直後を狙います

 

マレーシアの場合「最初の客は逃したくない」という心理が売る側に働きます。

したがって買う側に有利な価格が引き出しやすいのです。

最初の客だから多少安くしてでもまとめてしまおう!」となるわけですね。

 

②自動巻きの時計を狙い撃ち

時計

ショーケースに並んでいるのは電池式の時計で、質もあまりよくありません。

狙うべきは「自動巻きの時計」です。

 

ざっとショーケースを覗いてからおもむろに

Show me automatic(自動巻きのやつを見せてくれないか)」

と言いましょう。

これだけでちょっと「わかってる感」が出ますね。

 

言うとショーケースの下からジュラルミンケースが出てきます。

ケースの中にあるものは基本的に自動巻きのはずですが、心配ならお店の人に確認しましょう。

 

しかし本当に自動巻きなのかどうかはまだわかりませんよね?

そんなときは時計を耳元で振ってみましょう

金属の小さい玉が中で転がるような音がしたら自動巻きと考えて大丈夫です。とりあえず音がしたらOKと考えましょう。

 

③相手の言い値の60%を狙い撃ち

値段を聞いたら、はじめはかなり高くふっかけられます。

日本円だとそんなでもないかもしれませんが、絶対に相手の言い値では買わないでください

 

ここから値段交渉に入ります。

狙うのは言い値の50〜60%です。こちらは40%からスタートします。

 

値段の動かし方は、

相手が動いたら自分も動く

でいいです。

こんなかんじの掛け合いになりますね。

 

お店の人
300!
けん子
120!
お店の人
いーや、300!
けん子
No thank you〜(帰ろうとする)
お店の人
OK  280!
けん子

No, 120!

I came from Japan. very far!(遠くから来たんだからまけてよ)

お店の人
So I give you the price 280!
けん子
No, 120!(帰ろうとする)
リトルカトー
Ok, 250!
けん子
130, OK?

 

こんな感じで相手より遅れて値段を動かしましょう

もし相手が値下げに応じなかったら、そのまま帰ればいいです。

チャイナタウンにはたくさん時計屋があるのでほかのところへ行きましょう。

 

④さらなるディスカウントを狙い撃ち

時計

ここから先はお金に余裕があればの話です。

交渉がまとまりそうになったら、「2つ買うから」と言ってさらにディスカウントをもちかけます。

 

自分がゴールにしたい価格付近で相手が渋っている場合にも有効な手法です。

より大きなディスカウント価格を提示することで、渋っていた価格からもう一声の値下げが引き出せます。

お店の人
180!
けん子
160!
お店の人
180!
けん子
I buy two, so 150 OK?(2つで150にして!)
お店の人
No No!
けん子
two, 150!
リトルカトー
I give you 170!(じゃ170でどうだ!)

 

こんなにスムーズにはいかないですが、要領はこんな感じです。

 

値段交渉をうまく進めるコツ

親切なおばちゃん

交渉は冗談でも言うように終始笑顔でしましょう。

お金がからんでいるのでつい深刻な顔になりがちですが、ここは笑顔で。

 

交渉がまとまってバンドの調整をしているときでも

「ここ汚いなぁ、あと10リンギットディスカウントねw」

みたいな攻め方ができます。あくまで冗談っぽくですよ。

 

もし相手が笑顔じゃなかったら交渉はむずかしいかもしれません。別のお店へ行きましょう。

 

保証を勝ち取る方法

時計

露店で保証も何もないですが、一応つけてもらうことができます。

 

Warranty, how long?

と聞くとたいがい「1年」と言われます。

が、保証書やレシートはありませんのではっきり言って口約束です。

 

そこでお店の人の写真を撮っておきます

名前までわかれば完璧ですが、写真だけでも十分です。

1年後に来たら本当に取り替えてくれるのかはわかりません。でも滞在中はこれで大丈夫なはずです。

 

コピーロレックスは買う価値があるのか?

時計

そもそもニセモノのロレックスなんて買ってどうするの? と思われたかもしれません。

個人的には十分「アリ」な買い物だと思います。

理由は単純に自動巻きの時計としてよくできているからです。

 

チャイナタウンのロレックスはニセモノですが決してチープではありません(本物よりはチープです)。

ニセモノとわかった上でほしがる人がいるからと言って、まとめて買っていく人もいます。

ロレックスによく似た自動巻きの時計が5000円くらいで買えると思えばけっして悪くありません。

まぁ、いつまで動くかは未知数ですけどねw

 

本物はもちろんいいでしょうけれど、個人的に腕時計に300万円かけたいとは思いません。

ロレックスオーナー気分を味わうだけならコピーで十分です

チャイナタウンのロレックスならそれができます。

 

繰り返しますが、チャイナタウンのロレックスは決してチープではありません。

むしろコピーでここまでのものが作れるなら天晴です。

 

コピーのロレックスでマレーシアの買い物を楽しもう

マレーシア

はじめからニセモノのロレックスを買うつもりでいるかぎり、壊れたものをつかまされたりしなければ十分いい買い物ができます。

おみやげとしても喜ばれますし、値切る過程は絶好の土産ばなしになります

もしマレーシアに行くことがあれば、チャイナタウンのロレックスにぜひチャレンジしてみてください。

チャイナタウンは観光客が訪れるところなので、盗難や詐欺(主に賭博)に遭いやすいです。

行くのはぜんぜん大丈夫ですが十分注意しましょう。

 

まとめ:クアラルンプールのチャイナタウンでコピーのロレックスを買うのはアリ。上手に値切って上質なニセモノを買おう

  • 狙い目は開店直後
  • 50〜60%をゴールとして交渉
  • 「2つ買うから」でさらにディスカウントを引き出す
  • チャイナタウンのロレックスはけっしてチープではない

 

▼最後まで読んでくれたあなたにおすすめの記事
海外で盗難にあったら。荷物全部とられたぼくがやった8つのこと




当サイトは「STORK」を使用しています

関連記事