海外でノマドワークするので荷物で工夫したポイントを解説します

アイキャッチ
SPONSORED LINK

こんにちは。カトヒサ(@hisayosky)です。

 

2018年11月は1ヶ月ほどタイ、マレーシアに滞在します。

案件を抱えておりますので、仕事しながら旅行をするという1ヶ月となります。

そこで旅先でも仕事が滞りなくできるように荷造りをしました。

 

今回は「海外でノマドワークするために荷造りで気をつけたところ」について解説します。

仕事以外の荷物も公開します。海外旅行の荷物を減らす参考になれば幸いです。

ではいってみましょう。

 

SPONSORED LINK

海外で1ヶ月過ごすための荷物リスト

まず全荷物のリストを公開します。

1ヶ月を想定していますが、たぶん1年でも変わらないと思います。

案件があるということで、前回のバンコク滞在のときより若干荷物が増えています。

 

☑️貴重品

  • パスポート
  • 現金(日本円4万円、タイバーツとマレーシアリンギット少々)
  • 航空券(プリントしたもの+スマホ)
  • バスチケット(ケータイ乗車券)
  • クレジットカード(海外旅行保険がついているもの)
  • ATMカード(海外で引き出し可能なもの。手数料は高い)

 

クレジットカードは楽天カードと三井住友カードを使っています。

どちらも旅行傷害保険がついていますが、出国前に交通費などを決済しないと適用されないので注意が必要です。

 

☑️作業道具

  • MacBook Airと充電器
  • スマホと充電器
  • マレーシア用のアダプター
  • Bluetoothキーボード
  • クリップボード+A4の紙(ブログ構成用)
  • A4ルーズリーフ(PDCAノート用)
  • B5ルーズリーフノート
  • ペン(ボールペン、SARASAクリップ、修正ペン、定規、スタイラスペン)
  • イヤホン
  • 外付けHDD
  • 予備バッテリー(5000mA、スマホ用)

 

赤いところが海外で仕事をするにあたり付け加えた荷物です。後ほど説明します。

 

☑️衣類

  • Tシャツ 1
  • 襟付き半袖シャツ 1
  • ポロシャツ 1
  • 下着 2
  • ハーフパンツ 1
  • 寝るときの短パン 1
  • 水着 1
  • キャップ 1
  • てぬぐい 3

 

今回はマレーシアで釣りをする予定なので、日光を避けるための長袖シャツが必要ですがリストに入っていません。

現地で調達して使い捨てにします。

 

タイの場合、衣類はクリーニング屋さんに持っていくと買い物袋1杯150円くらいで洗ってもらえます

衣類は少なくて大丈夫です。

クリーニング屋さんは前回のバンコク滞在の記事にちょっと出てきます。

 

☑️洗面道具

  • シャンプー
  • フェイスクリーム
  • 日焼け止め
  • シェーバー
  • 歯ブラシ

 

フェイスクリームはウーノのUVパーフェクションジェルを使っています。

これ一個で洗顔後のスキンケアが済むうえUVまである程度防げるということで東南アジアの滞在にはぴったりですね。

荷物減らしたかったので、小さい容器に小分けにして持っていきます。

 

☑️雑貨

  • ショルダーバッグ
  • トレッキングアンブレラ
  • コンパス
  • カメラ
  • 腕時計
  • 名刺
  • サンダル
  • せんたくヒモとせんたくばさみ
  • トートバッグ

 

「せんたくひも」と「せんたくばさみ」はちょっと洗って干したいときに便利なので持っていきます。

 

ぼくは方向感覚が鈍いので知らない土地へ行くときはコンパスを必ず持っていきます。

スマホのGPSはおもしろくないのでコンパスを使います

 

本はどうしても仕事に必要な1冊だけ持っていきます。他はKindleに入ってます。

 

ショルダーバッグは愛用のものです。これがないと安心してPCが運べません。

 

☑️ザック(ダッフルバッグ)

  • オスプレー Transporter 40

 

前回のバンコク滞在でも使いました。

40リットルなら問題なくLCCに持ち込めます。カバン自体800gを切る軽さです。

 

海外で作業するにあたり気をつけたポイント

PCが壊れたときの対策

PCが壊れたら仕事になりません。

仮に壊れたら現地で買うしかありませんが、MacBook Airならきっと買えるでしょう。

・・・という期待を込めて、バックアップ用にWDの外付けHDDを持っていきます。

 

TIME MCHINEでバックアップをとってありますので、PCが壊れたら新しいPCにこいつをつなげば元の環境が復元されるはずです。

活躍しないことを祈っています。

 

移動中の作業対策

 

移動中にブログを書くときPCだと大きすぎるので、Bluetoothキーボードがあると便利です。スマホに接続して使えます。

 

リュウドの折りたたみ式Bluetoothキーボードは乾電池で動きます。

乾電池式だと

  • 充電しなくていい
  • 付属のコード類がない

 

のがいいですね。

 

手書きの作業対策

ブログの構成やデザイン制作のアイデア出しは手書きでやっています。

移動中でもできるようにクリップボード「ベルポスト」をもっていきます。

 

普通のクリップボードだとクリップのでっぱりがかさばりますが、ベルポストは磁石で留める方式なのですっきりしています

A4の紙はクリアファイルに入れてベルポストに留めておけば、しわをつくらず持ち運べます。

かなり頑丈なのでBluetoothキーボードで原稿を書くときは台にして使います。

 

直近の案件対策

 

10倍売れるコピーライティング」を参考にLP用のコピーを書いているので、ないと仕事になりません。

幸い薄い本だったのでもっていくことにしました。Kindle版はありませんでした。

 

スマホのバッテリー対策

スマホはHuaweiのP20 Liteを使っています。

バッテリーはかなりもちますが、原稿書きでも使うとなるといつもよりはバッテリーを消費します。

通信手段なのでいざというときバッテリーがないのは困ります。

チノンのモバイルバッテリーをもっていきます。

 

マレーシアでの充電対策

タイは日本のプラグがそのまま使えますが、マレーシアの電源プラグにはアダプターが必要なので変換プラグを持っていきます。

MacBookやスマホの場合、電圧は気にしなくて大丈夫です。

 

まとめ:海外でノマドワークするなら、不測の事態に備えて荷物を選ぼう

最低限やっておいたほうがいいのは

  • PCが壊れた時の対策
  • バッテリーが切れた時の対策

です。

 

▼最後まで読んでくれたあなたにおすすめの記事
格安航空会社「nokscoot」の機内食などサービス全般をレポートします

 

 




当サイトは「STORK」を使用しています

関連記事