格安航空会社「nokscoot」の機内食などサービス全般をレポートします

アイキャッチ
SPONSORED LINK

こんにちは。カトー(@hisayosky)です。

 

この度、iSaraのバンコク合宿のためタイへ渡航しました。

ノックスクート

利用したのは格安航空会社(LCC)のnokscootです。

 

けん子

格安航空会社って安いけどサービスないんでしょ?

大丈夫なの?

 

という疑問にお答えしますね。

 

結論としては、十分に満足でした。

格安だからといって機内が辛いということもなく、快適に過ごせました。

チケットはバンコクまで往復25,000円弱でした。

必要なものには別途料金が追加されるとはいえ、メジャーの会社ではあり得ない低価格です。

 

今回は格安航空会社nokscootの機内サービスをレポートします。

ではいってみましょう。

 

格安航空会社(LCC)の基本的な使い方

クエスチョン

ネットで予約する際、nokscootのサイトと旅行予約サイトの二つの方法があります。

ぼくはskyscannerから予約しました。

 

ネットで予約する際、運賃とはべつに必要なものを有料で追加します。おもに食事と預ける荷物ですね。

食事は機内でも決済できますが、荷物はあらかじめ枠を確保しておいたほうがいいです。

もしくは預ける荷物がないようにパッキングしましょう。

ぼくは40リットルのザック一つだったので追加料金なしです。55リットルは機内持ち込みできなかったそうです。

▼ぼくがバンコクに持っていった荷物の記事
いよいよiSaraでバンコクへ。3週間分の荷物を公開するよ

 

サービスは実際どうなの?

客室乗務員

親切に気持ちよく対応してくれました。機内食のところで書きますが、臨機応変な対応もできます。

メジャーと比べて違いは感じられませんでした。

 

機内の様子

機内

きれいです。とくにボロかったり古かったりしたところはありません。

エアコンがやや寒いときがあったので、長袖シャツがあると安心ですね。

 

座席

シート

シートは座り心地がよく、長時間のフライトでも問題ありません。

以前利用した別のLCCはシートがテカテカした素材でできていたため、座っているだけで汗をかいて不快でした。nokscootはまったく問題ありません。

シート間隔もとくに狭いことはなく、エコノミーとしては普通の広さです。

 

アメニティ

アメニティは一切ありません。ブランケットも枕もありませんので、必要な人は持ち込みましょう。

 

エンターテイメント

座席背面

エンターテイメントも一切ありません

テレビモニターは座席にも前にもついてません。雑誌はありますが、英語、中国語、タイ語表記です。

エンタメは自分で持ち込みましょう。

ちなみにUSBもありませんので、充電は期待しないように。

 

入国カード

エンタメではありませんが、入国カードが途中で配られるので手を挙げてもらいましょう。

機内で書いておくと入国審査がスムーズです。

ボールペンはくれないので持参しましょう。ペンがなくて書けないは「あるある」です。

 

機内食

メニュー

700円くらいで食べられます。カップ麺は350円くらいです。他にもいろいろあります。

nokscootのサイトから予約すると、食事の事前予約ができるようです。

ぼくは旅行予約サイトからだっためかできませんでした。

 

食事は予約してなくても機内で注文可能です。

支払いは現金で、日本円かタイバーツです。クレジットカードは対応していません。

お金は小額紙幣のほうがいいです。

ぼくは10000円札を出したところ、お釣りがなく一旦キャンセルになりました。

しかしあとから客室乗務員の方が戻ってきて「お釣りができたのでだいじょうぶです」と対応してくれました。

 

食事は出るまで30分かかると言われましたが、10分くらいで出てきました。

食事をもらうときにレシートをチェックするのでなくさないようにしましょう。

 

機内食

食事はこんな感じです。「醤油鳥飯」を注文しました。

見た目はアレですけどおいしかったです。

量は少なめで味は濃いです。甘い味付けでタイっぽい感じでした。

匂いに癖はあるもののアジア好きな人はおいしく食べられると思います。

ぼくは十分満足でした。

 

飲み物も買えますが、搭乗口のところに水の自動販売機があります。

空水

500mlで140円です。

値段は数十円の違いですが、いつでも飲めますので一本持っておくと便利です。

 

まとめ:nokscootは機内食も含めて必要十分なサービスが受けられる。安いからといっていい加減ではありません

  • 機内はきれいです
  • 食事はタイっぽいので人によって好き嫌いあります(カップヌードルもあり)
  • 値段は700円くらい(カップヌードルは350円くらい)
  • エンタメなし。充電もできません
  • 格安とはいえ十分快適なフライトです

 

▼最後まで読んでくれたあなたにおすすめの記事
格安なだけじゃない! 成田空港の前泊に田端で宿をとった4つの理由




当サイトは「STORK」を使用しています

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です