「ネットで稼ぐ」をリアルに実現した本を9冊紹介します【副業でできる】

アイキャッチ
SPONSORED LINK

 

こんにちは。カトヒサ(@hisayosky)です。

 

けん子

少しでもいいからネットでお金稼ぎたいなぁ。。。

どんな方法ならできるかしら?

おすすめの本ある?

今回はこんな疑問にお答えします。

 

ネットで稼ぐ方法はいろいろあります。

手当たり次第試してみればいいですが、最終的には自分にあった方法でやるのが一番かと。

個人的にはアマゾンやメルカリで不用品を売るのが一番簡単で手取り早かったです。

 

ぼくは現在

  • Web・デザイン制作
  • ブログ
  • FX

 

から収入を得ています。

いずれもネットがなかったら成り立たないものばかりなので、ネットで稼いでいると言っていいと思います。

 

実績は以下の通りです。

  • Web・デザイン制作
    →  3ヶ月目。月数万円レベル
  • ブログ
    →  1年4ヶ月目。月2~3万円レベル
  • FX
    →  5年以上。過去5年間納税。昨年は年利30%を達成。

 

今回は「ネットで稼ぐ」に直結した本を9冊紹介します。

ブログとFXは会社員時代からやっていますので副業としても十分可能です。

Web・デザイン制作も時間があれば在職しながらでもできます。

ではいってみましょう。

 

SPONSORED LINK

ブログ

ブログで稼ぐまでの流れは

  1. ブログの基本的な運営を覚える
  2. アクセスを増やす
  3. 広告収入が発生する

 

です。

この流れをふまえて本を紹介していきます。

 

「ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座」

 

ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座」はまったくブログがわからない時から頼りにしてきた本です。

ブログ運営の基本を身につけるならこの本が1冊あれば十分です。

 

じつはこの本にはお金の稼ぎ方はほとんど書いてありません。メインはあくまで「ブログ運営の方法」です。

運営ができないと収益にはつながらないので当然ですね。

遠回りに見えてじつは確実な近道をしっかりと教えてくれる1冊です。

 

「入門 SEOに効くWebライティング」

ぼくは100記事書いた時点で月間4000PVしか取れていませんでしたが、「入門 SEOに効くWebライティング」のおかげで200記事までに月間55000PVを達成しました。

「入門 SEOに効くWebライティング」は

  • 基本的なブログ運営はできるようになった
  • でもいまひとつアクセスが伸びない

 

人向けの本です。

初心者がいきなり読んだらたぶんイヤになります。

 

  • どうやってユーザーに検索から来てもらうか
  • どうやってユーザーが満足する記事にするか
  • どうやってSEOの効果測定をするか

 

について書かれています。

アクセスが伸びさえすれば収益は簡単に発生します

ブログで収入を得るなら、いきなり収益を目指すよりアクセスを集めることに集中した方が近道です。

 

FX

収入の得方は単純で、為替取引をするだけです。

単純ですが正しい方法でやらないと簡単に失敗します

ぼくはやり方がわからずに自分でやって数万円、その後証券会社の営業マンに任せて100万円ほどの損失を出しました。

ご紹介するのは、そこから5年連続で納税するまでに成長させてくれた本です。

 

「これで成功は約束された 株式上達セミナー」

表紙は地味でタイトルはこの上なく怪しい本です。「これで成功は約束された」なんていっちゃってるし。

 

しかし「これで成功は約束された 株式上達セミナー」以上にまっとうな相場関連の本はないかもしれません。

ネットがなく、電話で注文を出していた時代の本です。

チャートもトレードツールも出てきません。

 

この本が他の相場関連本とあきらかに違うのは「上達するための練習方法が書いてあるところ」です。

「練習せずにできるようになるわけがないじゃないか」がこの本の基本スタンスです。

株の本ですが、FXでもやることは同じです。

 

「武器としてのFX(1)(2)」

「株式上達セミナー」で基本的なやり方はわかりましたが、まだ取引はできませんでした。取引が怖かったからです。

怖さを最小にして冷静に取引できるきっかけになったのが「武器としてのFX(1)(2)」でした。

 

「武器としてのFX」には

(1)で

  • リスクコントロールのしかた

(2)で

  • 実際の売買記録

が書かれています。

売買記録は手書きですべて書き写し、売買の感じをつかむのに使いました。

 

Web・デザイン制作

依頼を受けて制作し報酬をいただくという収入の得方です。

基本的なことはiSaraとデザイン講座で学びました。

ここでは「この本があったおかげで仕事ができた!」という本を紹介します。

 

「やってはいけないデザイン」

やってはいけないデザイン」にはレイアウト、フォント、カラーなどについて「ダメな例」と「その改善例」が載っています。

自分のデザインがいまひとつパッとしないときに原因を探すのに使いました

原因がわかった後どうするかの「レシピ集」的な役割も果たしてくれた1冊です。

 

「けっきょく、よはく。」

「やってはいけないデザイン」と同じくダメな例と良い例が比較できる本ですが、「けっきょく、よはく。」の方がより実践向きです。

「ナチュラル」「ビジネス」などテイスト別にデザインが見られますし、ダメなほうのデザインでも「これでよくない?」と思えるくらいちゃんとしています。

一見ちゃんとして見えるものを、さらによくするにはどうすればいいかがわかりやすく解説されています。

単純にデザインの資料集としても利用できる1冊です。

 

「10倍売れるWebコピーライティング」

今まさになんですが、「10倍売れるWebコピーライティング」はLP制作でめちゃくちゃ役に立っている本です。

この本がなければやばかったというレベルです。

 

「コピーライティング」と書いてありますが、これはLPの構成そのものです。

この本の通りにコピーが書けたらLPは7割完成と思っていいんじゃないでしょうか。

著者はバズ部さんなので「このとおりやれば大丈夫」という安心感があります。根拠のあるLP制作ができる本です。

 

「WordPressレッスンブック」

これはまだ収入にはつながっていません。今後ワードプレス案件を受けたら絶対必要になる本です。

WordPressレッスンブック」のおかげで「ワードプレス案件受けられるかも」と思えるようになりました。

 

勉強してみて思うんですが、ワードプレスはPHPタグの使い方さえわかればかなり理解がラクになります。PHPが苦手かどうかはあまり関係がありません。

PHPタグが「何をしていて」「どこから情報を引っ張ってきているのか」をわかりやすく整理し、実践を通して理解できるようにデザインされた本です。

 

本は読むだけではダメ。実践があって収入につながる

以上9冊ご紹介しました。

どれもいい本ですが、実際に手を動かさないと収入にはつながりません。

読むだけではもったいない本ばかりです。ぜひ自分で手を動かして収入につなげてください。

 

まとめ:「ネットで稼ぐ」手段はなんでもOK。正しいやり方が書いてある本があればあとは行動するだけです

いつもは箇条書きですが、今回はまとめとしてリンクを貼らせていただきます。

▼最後まで読んでくれたあなたにおすすめの記事
会社辞めたらお金はどうする? 「必要な額」から「収入を得る方法」まで解説します




当サイトは「STORK」を使用しています

関連記事