国際線の液体持ち込み。「スチームクリーム」はセーフか試してみました

アイキャッチ
SPONSORED LINK

こんにちは。カトー(@hisayosky)です。

けん子

飛行機って液体の持ち込みはたしか制限あるのよねぇ?

どんなだっけ?

 

バンコクへ渡航するにあたり、ぼくも液体のことはあいまいにしてました。

そしたらチェックインで、「100mlを超える液体とクリーム類は持ち込めません」と言われました。

 

え、クリームも?!

スチームクリームがやばいかもしれない。

スチームクリーム

と思った瞬間から冷や汗をかきました。

 

結果としては、スチームクリームはセーフだったのですが、いい機会です。

今回は国際線での液体物機内持ち込みについて攻略法を解説します。

ではいってみましょう。

 

国際線の液体持ち込みルール

機内持ち込みの液体

出典:peachホームページ

詳しくはpeachのページで見られますが、要約しますね。

  • 100ml(g)を超える液体物はダメ
  • 液体物はジェル、スプレー、クリームも含む
  • 1リットル以下の透明なプラスチック袋に密封する
  • プラスチック袋はマチなし
  • 袋はひとり1袋まで

 

密封できないとダメなので、プラスチック袋=ジップロックと考えておけばいいです。

 

今回持ち込んだ液体物は

  • スチームクリーム 75g
  • マウスウォッシュ 80ml
  • シャンプー 60ml
  • 日焼け止め 30ml

 

たまたまジップロックにいれてありラッキーでした。

 

液体物の機内持ち込みルールに照らすと怪しいのが、スチームクリームです。

75gとはいえ大きさ的には100mlくらいあるかもしれません。

 

ぼくは空港内の売店へ行き同じような大きさのクリームは売っていないか調べました

機内に持ち込めないものは空港に売っていないだろうと考えたからです。

売店には80gのクリームが販売されていました。ギャツビーのワックスの大きいやつも売ってましたので、たぶん大丈夫と判断しました。

結果はセーフ。何も言われず通過できました。

 

スチームクリームにこだわった理由

スチームクリーム

クリームくらい没収されてもいいんじゃない?と思われますよね。

個人的にはスチームクリームは没収されるとちょっと痛いものでした。なぜなら

  • 肌だけでなく髪の保湿にも使えて便利
  • 自分に合っている
  • 1800円くらいで、クリームとしては高価
  • 近場には売っておらず、ネットで買わなければならない
  • 缶が気に入っている

 

という小さいといえば小さい理由ではありますが、没収されなくてよかったです。

 

 

100mlを超える液体物を持っていたときの対処法

空港の売店で100ml以下の容器を買って移し替えます。

クリームの容器は見つけられませんでした。店員さんに聞いたらあったかもしれません。

空港で移し替えるのは最後の手段なので、基本的には荷造りの段階で小さい容器に入れておきましょう。

 

まとめ:国際線の液体物は100ml(g)より小さい容器で小さいジップロックに入れて持ち運ぼう

  • スチームクリームはセーフ
  • クリームも液体物に入ります
  • 最悪、空港で小さい容器を買って移せばOK
  • 20×20センチのジップロックに入らない大きさは論外

 

▼最後まで読んでくれたあなたにおすすめの記事
いよいよiSaraでバンコクへ。3週間分の荷物を公開するよ

 




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です