フリーランスになるには準備がいる。会社を辞める前にやっておきたい3つのこと

アイキャッチ
SPONSORED LINK

こんにちは。カトー(@hisayosky)です。

 

けん子
会社辞めてどう?

とよく聞かれます。

 

いまのところは後悔してません。

ぶっちゃけ、ときどき訳のわからない不安と不調に襲われることはありますが。

 

ぼくはいま無職です。フリーランスではありません

フリーランスと言えない理由ははっきりしています。

「フリーランスの〇〇」の〇〇がないからです。

 

当たり前ですが、フリーランスになるには準備がいります。

ぼくの場合はやってあったこともあるし、やってなかったこともあります。

会社を辞めることが優先だったので、やってなかったことの方が多いですかね。

 

今回は「フリーランスになるためにやっておいたほうがいい準備」についてまとめます。

ではいってみましょう。

 

お金を貯めておく

お金 時計

稼げるようになるまではお金は出ていく一方です。

そしてお金は意外と出ていきます。

とくに税金と社会保険料がすごいです。

実際、生活費を切り詰めても何の足しにもならないくらい請求されます。

 

ぼくの場合は月額で

  • 健康保険: 3万円くらい
  • 県民税・市民税: 2万6000円くらい
  • 国民年金: 1万6000円くらい

 

このくらい請求がきます。

国民年金は免除あるいは猶予が適用されるかもしれませんが、いずれにせよ生活費以外にかかる金額は小さくないです。

▼関連記事
【国民年金】保険料の免除・納付猶予申請のやり方を解説します【注意点あり】

 

予定外の出費もあるでしょうから1年で300万円くらいはあったほうがいいでしょう。

 

稼げるスキルを身につけておく

握手するビジネスマン

スキルがあっても稼げるとは限りません。

ぼくは前職は医療技術職でしたが、その技術を使って自分で稼ぐことはできませんでした。

どうやって稼ぐかわかるところまでを含めてスキル」と思っていたほうがいいです。

額は小さくてもいいので稼げるスキルがあると、退職後ずいぶん活動しやすくなります。気持ち的にも楽です。

副業という形で辞める前から収入が得られていれば最高です。

 

教えてくれる人を見つけておく

乾杯

稼げるスキルを教えてくれる人を見つけておくのも重要です。

会社を離れたら新人と同じです。

はじめから自分一人でやっていく力を身につけるのは困難です。

たいがいの人には生計を立てるリミットがあるでしょう。

リミットが来る前にフリーランスとして自立するには、誰かに教えてもらうのが早いし確実です。

▼関連記事
今日からiSaraでプログラミングをはじめるので動機をまとめておく

 

そんな人をどこで見つけるのかというと、近くにいなければネットで見つけるしかありません。

オススメはツイッターです。

関心のある人をフォローしてまずは広く情報集めをしてみましょう。

そのうちに教えてもらえそうな人が現れるはずです。

▼関連記事
TwitterとFacebook。違いがわかるとTwitterの使い方が理解できるよ【初心者用】

 

ぼくが会社を辞める前にやっていたこと

上の3つの中では「お金を貯めておく」と「教えてくれる人を見つけておく」はやってありました。

「稼げるスキルを身につけておく」はできてませんでした。現在進行中です。

 

ベストな形で会社を辞めた訳ではありませんが、教えてくれる人を見つけてあったおかげで早い段階からスキルの獲得に時間が使えています

お金が貯めてあったおかげで、技術の習得に迷わず資金を投入できています。

 

ブログは会社を辞める半年前から書き始めました。半年もあればブログで収益が出せる人もいます。

収益にならなかったとしても、できるようにしておくと後々役に立つスキルですからおすすめです。独学できるのものいいところです。

 

まとめ:フリーランスになるには準備が必要。まずは資金、次に先輩、最後にスキル

  • 貯金なしで辞めるのは無謀。最低限お金は必要
  • スキルがなかったら、スキルを教えてくれる人を探す
  • ブログとツイッターはやっておいた方がいい

 

▼最後まで読んでくれたあなたにおすすめの記事
【自宅で仕事】引きこもっていても収入が得られる方法を3つ紹介。「やるかやらないか」だけです

 




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です